--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014-10-06(Mon)

講演会 詳細

発達障害の原因と発症メカニズム
 ―脳神経科学の視点から―


講師:黒田洋一郎氏  脳神経科学者
日時:11月5日(水)
会場:佐賀市エコプラザ2階会議室

参加費:予約 1,000円
     当日 1,200円
主催:NPO法人さが環境推進センター
    NPOシグナルキャッチ

後援  佐賀市環境政策課
     佐賀市教育委員会
     佐賀市PTA協議会

予約お申込み 080-1719-8490(さが環境推進センター)
          090-4518-5595(シグナルキャッチ)

ごあいさつ
  なぜこんなに生きづらいのか!と悩んでいる大人たち。
我が子の行動を理解するのに悩む親たちがたくさんいます。
今回の講演では、今ある発達障害の常識をくつがえし、
新たな視点を組み込んだお話をしていただきます。
 さらに、この発達障害とどのように向かい合い、
人の脳に沿った正しい『療育』を明示されるものと思います。

                      
 
スポンサーサイト
2014-10-05(Sun)

講演会のお知らせ(取り急ぎ)

◆「発達障害の原因と発症メカニズム」

―脳神経科学からみた 予防、治療・養育の可能性―

日時:11月5日(水)13:30~16;00
会場:佐賀市環境センター
講師:黒田洋一郎氏


〈著書のご案内〉

1999年から、子どもの脳の発達における環境ホルモンや化学物質の
影響を研究をしてきた著者が、環境化学物質の毒性メカニズム解明、
それがいかに 遺伝子の発現をかく乱し、
脳のネットワークのつながりを妨げてしまうか、
その実態を明らかにする。

「子どもの脳はどのように発達するのか」、
「その 発達段階のどの時期に化学物質が曝露してしまうのか」、
「脳のどの部分が 化学物質に弱いのか」
「なぜ神経回路(シナプス)の形成・維持がうまくい かないか」
「なぜ発症する者としない者ができるのか」
「発達障害の子どもの 脳はどのように違うのか」
「なぜコミュニケーション、社会性といった高次 機能が冒されるのか」
「正確に働いている神経伝達物質をかく乱させるニセ 神経伝達物質」
「なぜ農薬は危ないのか」

──等々日本でも増加し続ける自閉 症・ADHD・LDなど発達障害の子ども、
切れやすい、引きこもる子どもた ちの問題の「脳神経科学的真実」に真向かう。

 一般的に「環境化学物質は危ない」といわれているが、
本書はその科学的 根拠・証拠を論述するので、最先端の専門書という形態になった。

世界でも 初めての内容なので巻末に英文サマリーを付した。

2014-03-13(Thu)

環境勉強会のお知らせ

ご無沙汰しています。
さて、今回下記のように勉強会を開催することとなりました。
遠い方には、ご参加は難しいと思いますが、
お近くの方は、ぜひご参加ください。

シグナルキャッチ会員の方々には、
はがきをお出ししています。


「セヴァンの地球のなおし方」を見て、
現実に 起こっているさまざまな環境問題の先にどんな未来が待つのか
一緒に考えてみましょう。
                        
  
―「セヴァンの地球のなおし方」―
「どうやってなおすかわからないものを、
壊し続けるのはもうやめてください」。

1992年、リオデジャネイロで開催された地球サミットで、
12歳の少女、セヴァン・スズキは大人たちに
環境破壊を止めるよう訴えかけた。

もうすぐ母親となるセヴァンは「大切なのは生活の質と健康、
そして子供。
だから私は自己中心的に、自分たちをどう救うかを考えていきたい」と、
未来の子どもたちのために発言を続けている。

セヴァンが今、世界に伝えたいこと、
そして日本とフランスで傷ついた地球と向き合い続ける
人々の姿を追ったドキュメンタリー。
                       

日時:3月30日(日)   13:00 開場
       13:30 地球のなおし方開演
       15;30 自己紹介・意見交換
       16:00 閉会

場所:エコプラザ2階(高木瀬、清掃工場内)

参加費:500円(ワンドリンク+菓子)

要〉申し込み(できるだけ) 

             
【共催】
NPO法人さが環境推進センター  080-1719-8490
シグナルキャッチ         090-4518-5595
2012-10-13(Sat)

講演会を終えて

黒田洋一郎先生の講演会は、
沢山の方々の参加を得て、熱心な聴講を頂きました。

シグナルキャッチとしては、化学物質過敏症の後遺症として現れる
精神症状の仕組みを裏付けしていただき、更に心強く感じています。

今回は化学物質過敏症の講演会ではなく「環境化学物質が子どもの脳に与える影響」
という脳科学者の講演です。

そのように最初のあいさつの中で話したのですが、
化学物質過敏症関係の方々が、ダイレクトに化学物質過敏症の質問をされたので、
(質問は挙手ではなく、質問箱を回して、こちらで先生のお話に関係する質問を選んで行った)
会員の方々には黒田先生は化学物質過敏症の質問には答えられないことや
今回のお話をどうこの病気と絡めるのかを
お便りでお伝えしようと考えています。


黒田先生のご講演内容をここに載せるには難しすぎるので、
おそらく先生のお話を私たちが受けて、
シグナルキャッチが教育委員会にどのように働きかけるかという考え方や
行動を書いていく事になるかと思っています。


今回は、佐賀市で行った講演会ですが、
福岡、長崎、熊本、宮崎、鹿児島からもご参加をいただきました。

長崎在住のシグナルキャッチスタッフとして、
ホームページから様々な治療法などを発信しているニコさんも、
防毒マスクを着用して参加下さりメッセージをいただきました。

ぜひ、皆さんの前にたって話していただきたかったのですが、
CSが重い上に風邪を引いていて、座る場所を選ばないといけないほどだったので、
「代読」という形を取りました。
皆さんの前にご自分の姿を表わすことを希望さえしていただいていたので、
その場で支えながらでも、立って頂いたら良かったと今では思いますが、
きつそうな状況に私も冷静に考える事ができなかったようです。
ニコさん、気配りができなくてごめんなさい。


ぜひ次のブログでニコさんのメッセージをお聴き下さい。



2012-09-17(Mon)

「化学物質過敏症てなんだ? 第2弾」  ――――――みんなで考えよう住まいの環境と健康――――――

健康くまもと21推進市民会議 健くま塾

市民講演会
「化学物質過敏症てなんだ? 第2弾」
 ――――――みんなで考えよう住まいの環境と健康――――――

新築の家に引っ越したら息苦しさを感じたり体調がおかしくなった、
本棚を新品に換えたら変な臭いがして気持ち悪いというような話を聞いたことはありませんか。
どちらも、建材や素材から出ている化学物質のせいではないでしょうか。
ひどくなると、呼吸困難になってしまうことも・・・
新築を考えている方、既にいろんな症状で悩んでいる方、
そんな相談を受けている方、是非、お聞きください。
なお、シックハウス症候群などの住まいに関わる健康問題でお困りの方には
個別の相談をお受けします。事前に、ひごまるコールへご連絡ください。

日時:24年9月22日(土)13時30分~15時30分
場所:ウエルパル熊本 大会議室
講師:鹿児島ひとみさん   (シグナルキャッチ)


主催団体:健康くまもと21推進市民会議
後援団体:NPO法人
東アジアヘルスプロモーションネットワークセンター
申し込み/問い合わせ
・ひごまるコール
電 話 096-334-1500
  インターネット 
http://higomaru-call.jp/event/
定員  100名
受講料 無料


※公共交通機関をご利用ください



プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。