--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-11-16(Tue)

~佐賀県 母と女性教職員の会分科会「健康・学校給食・食の教育を考える」で問題提起~

~佐賀県 母と女性教職員の会
分科会「健康・学校給食・食の教育を考える」で問題提起~
平成22年11月6日(土)13:00~
若楠小学校にて


佐賀県 母と女性教職員の会の、分科会で、空気環境による子どもの健康について
問題提起をしました。分科会は「健康・学校給食・食の教育を考える」でした。

参加者の自己紹介によると「給食問題について学びたい」という意見ばかり。

まさか、ここで化学物質過敏症の話が出るとは思ってもいない様子です。

シグナルキャッチスタッフTさんが、自分と子どもの状況を話しました。
その後、シグナルキャッチから、化学物質過敏症とはどんな病気かを説明し、
“この病気が誰でも起こりうること”
体内に化学物質が作用したら、不登校にもなる、
問題行動を起こさざるを得なくなる、
他の原因と思って対処したらますます問題は深刻化する、
と説明をしたところ、参加者の皆さんから、とても納得され、
分科会のまとめとして
「この問題をもっと知らせたい、教職員の勉強会で取り上げていこうではないか」
と理解していただきました。

また、せっかく給食問題について話したいと参加された方には、
地産地消のいい食材で調理されたものでも、
加工食品を使うことにより、リン酸塩の作用で
ミネラルが身体に取り込まれない仕組みや、
食器を合成洗剤で洗うことにより化学物質過敏症の原因となる可能性
を示唆しました。


分科会からは、せっけん洗剤を推奨することとなりました。


おそらく「健康・学校給食・食の教育を考える」の分科会で、
空気環境や、合成洗剤に話が及んだことは画期的ではなかったかと思うし、
“学校内の健康問題”に新しい分野を開けたのではないかと、今後の展開を楽しみに
活動していきたいと思います。



スポンサーサイト
2010-11-12(Fri)

JAからの回答

JAからの回答
シグナルキャッチ様

JAグループでは、麦・稲ワラ焼却について、ワラの飛散による
地域環境、また、喘息等で苦しんでおられる方への健康面を配慮し、
水田へのすき込みや、果樹園の敷きワラ、家畜の飼料など、
環境負荷提言への取り組みを、
研修会や実演会、情報誌、地域の指導巡回を通じて農家への指導徹底を行い、
焼却防止に努めているところ」です。

今後も、農家の高齢化等様々な事情による焼却も無くなるよう、
推進してまいります。

JAさがホームページ管理
管理部 広報課



上記の回答を得、JAさがに出向いて、
今後、意見交換をしたいと申し出ました。

快く聞き入れられ、対策協議会(県・JA中央会・JA)をとおして
今後いろんな話し合いを持つ事になりました。

JAさがも、地域に“燃やさない”“水田へのすきこみ”を奨励しているとのこと
なので、まずは農薬を撒いた田畑を焼却するということの恐ろしさ
を、知ってもらうチャンスだと考えています。




2010-11-07(Sun)

JAへの質問状(田畑を焼くことについて)

2~3年姿を消していた“田畑焼き”が、今年の秋は
あちこちでもうもうと煙を上げている田畑が多くみられました。

何とか田畑焼きをやめてもらいたい、という思いですが、
農家の動きがどこから来るのかを知るために、
まずは下記の質問を送りました。

回答をいただいてから、次に焼かない要望を出して行きたいと思います。



NPOシグナルキャッチ代表鹿児島と申します。
化学物質過敏症という病気の患者が、本人たちの自覚がないまま
今や7人に一人いるということ、
誰でもかかりうる病気で、今体調不良に悩む方々への気づきを促すこと、
患者となった方々の救済のための、国や県、市町村への働きかけなど、
空気環境による病気の啓発活動をしています。

田畑の農薬散布について教えていただきたいことがあります。

農薬も化学物質過敏症の大きな原因物質ですので、
行政には、公園や街路樹の薬剤散布について、
農薬を使わないよう申し入れをし、ずいぶん聞き入れていただいています。

しかし、今の農業社会に対して、農薬を撒かないでくれという要望が
なかなか難しいことも知っています。

ただ、農薬散布後の田畑焼きは、患者たちにはとりわけ苦しく、
他県から佐賀に避難してきた患者さんが、
佐賀の田畑焼きに耐えられず戻ったということもありました。

2~3年前から、佐賀では急に田畑焼きがすがたを消し
たいへんうれしく思ったのです。

ところがまた今年はあちこちで田畑焼きが行われていました。

これらの現状(田畑焼き)は、農家の方々の考えでそうなったものなのでしょうか?
それとも、JAからのお達しというものなのでしょうか?

ご回答をお待ちします。
プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。