--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-12-16(Thu)

生きづらい若い人たちへ  ―講演会参加者への手紙―

「キレる脳 うつの脳を鍛えなおす」講演会に参加くださった皆様へ


師走の候、お忙しい毎日をお過ごしのことと存じます。
先日はシグナルキャッチが主催する講演会「キレる脳 うつの脳を鍛えなおす」
にご参加くださいまして、まことにありがとうございました。

私たちは、今年度は年3回の会報作成を予定し、今回は2回目の会報の
発送を行っています。
勉強会にご参加くださった方々にも、質問や回答を載せていますので、
突然でご迷惑かと存じますが、送付させていただきました。

この勉強会にご参加くださった方の中には、現在うつに悩んでいる方や、
ご家族もいらっしゃるかもしれません。

シグナルキャッチでは、10年前から不登校ひきこもりなど若い人の
生きづらい状況の原因が空気環境の悪化にあると啓発してきました。

「シックハウス」・・・(新築・改築)合板・壁紙・畳・シロアリ駆除剤・様々な化学物質
「農薬散布」・・・田畑・ガーデニング・除草剤・畳の裏に貼ってある農薬シート
         ・電気製品などなど
「生活用品」・・・合成洗剤・殺虫剤・芳香剤・消臭剤・カーテンじゅうたん・などなど
コマーシャルに振り回される化学物質の洪水

これらの一見便利で豊かな生活がもたらした医者も学者も
ほとんど知らなかった病気が「化学物質過敏症」と言います。

生きづらい若者が大勢いて、その原因の多くが空気環境であると知らせたい!
その悩みはあなたのせいではない!
きっと治る!
と訴え続けた10年でした。

やがて、不登校やひきこもりだけでなく、うつ、摂食障害、リストカット,
OD、抑えられない暴力、統合失調症まで化学物質が引き起こしている実態を知り、
国が学者が医者が早く解決の道を示してほしいと切望し、
学会や研究会にも臨み、訴え続けてきました。

空気環境を改善するという消極的な解決法しか話せないジレンマがありました。
でも、この事を知り、空気を汚すものを退けることで、
ずいぶん改善が見られているのです。

化学物質によってセロトニンが枯渇されうつになる。
化学物質によってビタミンミネラルが多く消費され、
足りなくなって慢性疲労が訪れる。
ミネラルの不足によって、うつや様々な発達に障害が起こる。
キレる。

今回は、化学物質過敏症という切り口から離れて、
原因は何であれ、体調不良から解き放たれるかもしれない道を紹介し
勉強会としました。

これらが決定的な完治の方法ではないかもしれませんが、
少しでも苦しんでいる方々に、希望の光が見えるよう、
勉強会を重ねたいと思います。
      
シグナルキャッチ スタッフ一同



スポンサーサイト
2010-12-10(Fri)

~杵島・西松浦地区 母と女性教員の会で「化学物質過敏症って知っていますか?」を講演~

~杵島・西松浦地区 母と女性教員の会で
「化学物質過敏症って知っていますか?」を講演~
            平成22年12月4日(土)13:30~武雄文化会館にて



化学物質過敏症がどんなものかの講演の後、全体での意見交換会、
そして3つの班に分かれての分科会・・・・・
3名のスタッフがそれぞれの分科会に分かれて加わりました。
その中で地域的に特徴のある意見・質問、及び今後の活動のあり方に
意義があると感じた意見・質問を一部抜粋してご紹介します。

【質問】農家の方たちの体調不良についてシグナルキャッチに
声があがってくることはないのか?
 実家が農家で両親の体調が気になる。


【回答】農家の方はまだ農薬散布を当然のことという認識が
多数であり、自身や家族の体調不良と農薬散布の影響とが
結びついていないのが現状。
しかし嫁の立場から姑たちにどのように伝えたら言いかという質問は多くある。


【意見】有機栽培で野菜をつくっているが、食からの影響より空気からの影響のほうが
大きいのであれば自分のやっていることはあまり意味がないのかと思った。
(食はどうでもいいというわけではないと話したが、ショックが大きかったようだ)


【スタッフ】農薬を使用しない有機栽培は口から入る食からの影響軽減だけではなく、
空気摂取の影響軽減にもつながっていることに自信を持ってこれからも是非続けてほしい。
有機野菜で救われている患者さんも大勢いる。
農薬による空気環境への影響は農薬散布時だけでなく、
稲刈りによる切り口からの農薬飛散、野焼きによる農薬飛散・・・
など二次飛散もあることを理解して。


【意見】今日の講演の話から不登校にまで話が及ぶとは思ってもいなかった


【スタッフ】化学物質による影響だけが原因というわけではないが、
多くの教員やスクールカウンセラーがこの事を知らないのが解決に結びつかない
と危惧を感じている。
不登校の原因の選択肢に、体の病気がある事を入れてほしい。

【意見】今日の話を聞いて親戚の子が部活だけ行っている。
シックハウスによる影響を受けているのではないかと思ったが、
なかなか自分からそうではないか?と切り出すことは難しい。


【回答】とりあえずは今日の資料をみせていただければと思う。
個人的に面談か電話相談も行っている。
問題は、スクールカウンセラーにはまだ化学物質の影響
という選択肢がない。スクールカウンセラーのような形で
シグナルキャッチがカウンセリングを行う場をご検討いただけないか?



【意見】この講演は、町の話で、私たちの地域はとても田舎なので
関係がないかなと思っていたが、農薬が化学物質と知ってびっくりした

実は先日稲刈りの前に行われる空中散布の様子を見学に行ったところ、
一人の児童が全身赤くなり発疹が出てあわてて病院に連れて行った、
農薬散布を見に行くなんてとんでもないことだったと今日知った。


【スタッフ】農薬散布は事前に知らせることや、散布後子どもたちが
近寄らないようにするなど行政に要請し、国も通達してきた。
ましてやわざわざ見に行くと言うことは自殺行為である。
症状としてすぐ現れたことは対処できたでしょうが、
そこにいた子どもたちの体内に確実に農薬を溜め込ませたことになる。
ぜひ学校に持ち帰って、農薬散布の危険性を話し合ってほしい。



プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。