--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-31(Thu)

越境大気汚染   ニコさんからの情報です

今朝、ひどい眼球の痛みで目を覚ましました。
今もすごく疼いています。


光化学オキシダント濃度も最近高いので、
こんな記事をあらためてネット上で拾ってきました。

毎日新聞 2011年2月18日 15時09分

越境大気汚染:西日本でかすみ 急増の微粒子、
中国から九州を中心とした西日本一帯で今月上旬、
「もや」状の大気のかすみが確認された。
国立環境研究所などは中国からの大気汚染物質の流入が原因と
分析している。
中国からの越境大気汚染は10年ほど前から確認されはじめ、
排出源が少ないはずの離島でも光化学スモッグが観測されるなど、
その影響が目立ち始めている。
 
九州大応用力学研究所(福岡県春日市)の竹村俊彦准教授によると、
「かすみ」が見られたのは3~9日で、期間中の西日本各地の最低視程は
▽ 長崎の福江島3キロ
▽ 那覇4キロ
▽ 福岡、広島、大阪5キロ--
と、見通しの悪い状態が続いた。
 
この間、普段は大気1リットル中に5万~20万個の微粒子を、
約50万個計測。
比較的粒子の大きい黄砂や火山灰などは観測されず、
5マイクロメートル以下(1マイクロメートル=0.001ミリメートル)
の微粒子が急増したという。
竹村准教授は「中国の工場などから排出されたすすや硫酸塩などの
大気汚染微粒子が原因と考えられる」と指摘。
「越境大気汚染は、風向きが西寄りになる春と秋によく起こる」と説明する。
 
これらの大気汚染微粒子は、非常に小さいため吸い込みやすく、
呼吸器疾患などを引き起こす原因となる。
国立病院機構・福岡病院(福岡市南区)の小田嶋博副院長は
「特に6歳以下のぜんそく患者で重症化につながりやすい。
食べ物などと一緒に体に取り込むと、アレルギーを引き起こすこともある。
実際に今週は小児科で患者が増えているようだ」と注意を呼びかける。
 
黄砂は気象庁が観測し黄砂情報を発表しているが、
大気汚染微粒子については一般に対して注意を促す態勢が確立されていないため、
予防が難しい。
小田嶋副院長は「微粒子用マスクは効果がある。また、職場や学校などでも
こまめに目や鼻を洗うといいでしょう」と話している。【徳野仁子】

【関連記事】
<大気汚染調査>環境悪化に危機感募る 金沢市の4地点、全国ワースト10に
<微小粒子状物質>大気汚染、長崎・五島列島で PM2.5基準超え、中国か
ら越境か<昭和のニュース>1969年2月12日 大気汚染防止へ 環境基準決まる
<大気汚染、世界一>イラン・テヘラン、粗悪ガソリン横行
<都市圏の排ガス局地汚染対策>8都府県、手つかず




スポンサーサイト
2011-03-30(Wed)

人間の根っこは「腸」である。根っこは、栄養を吸収するところであり、病巣である。

田中保郎先生の腸内環境の話

東洋医学は、目の前の症状にとらわれず、その人の本質に向かって治療する。
ドイツ医学(西洋医学)の症状=病巣の対症療法ではなく、
東洋医学では、病状≠病巣での対証療法である。

植木鉢の植物の花や葉っぱが枯れたとき、葉や花に薬を与えるのが対症療法で、
根っこを治療するのが対証療法である。

根っこは、栄養を吸収するところであり、病巣である。
人間の根っこは「腸」である。
肝臓や心臓などのほかの臓器も縦に伸びる腸という根っこの枝分かれの「根」である。

脳も腸から始まるにすぎない。
脳は腸には従属的である。腸の要求を従属するだけである。

腸は  吸収
    考える
    免疫機構
    ホルモン生産
    口→肛門 身体によい食べ物かどうか検査
     悪いと判断すると自動的に腸液を出す

腸管  免疫にかかわる器官が腸管である。
    全身のリンパ球の60%以上が存在している
    抗体の60%以上は、腸管で作られる。
    リンパ球を守り元気つけているのが腸内細菌である。

腸内細菌の仕事
1. 有害物質や発ガン物質の分解・排除
2.免疫力を活性化
3.病原菌や有害菌の感染防御
4.腸内のpHの調整と腸のぜん動運動の活性化
5.消化・吸収機能を高める
6.脂肪の代謝を活性化
7.ホルモンやビタミンの産生
8.各種臓器の酵素活性

たとえば、拒食症のちりょうについて
 吐き続けたとき、腸内細菌がなくなっている。
関西酵素や太田酵素など他のものが作った腸内細菌で腸内環境を整えてやるといい。

2011-03-29(Tue)

被災された化学物質過敏症患者さんへ

地震が起きたとき、九州のシグナルキャッチの患者さん複数から
「被災者の化学物質過敏症の方々の力になってください」
「私は今隣の家の建てかえ苦しく、でやっと泊まることができるホテルに
避難している状況です。
それなのに大きな被災にあった方々の事を思うと
居ても立ってもいられません。
お助けする手立てはないですか?」
と、沈痛な必死な声で電話がかかってきました。


アレルギーの活動のように、
まず患者さんが自分の状況を知っていて、
社会がそれを認めている状況であれば
「アレルギー対応物質」を届けることができます。

でも、化学物質過敏症は、
人によって感じるものが違うことや、
感じるものが一つではなく、
一つどころか周りのもの全てが苦しい病気であること、
避難場所のほかの人々に反応すること、
それをまだ社会が知らないこと、
 
シグナルキャッチのような小さな団体では手助けをする術がなく、
せめて義捐金で、皆さん全員が少しでも早く
もとの生活に戻る事を願うことしかできません。


今日、反農薬東京の辻さんよりアトピッ子地球ネットワークから

『私たちがアレルギーに関する困りごとの相談を受け付けていることを、
ぜひ広めてください。お願いいたします。』

とのメールを転送していただきました。



<アトピッ子地球ネットワークが日用品、食物アレルギー用食物などを運んだ病院>

1. 宮城県立こども病院(宮城県仙台市)
2. かくたこども&アレルギークリニック(宮城県多賀城市)
3. 一関病院(岩手県一関病院)


化学物質過敏症患者の皆さん、私が知る限りでは
角田先生は化学物質過敏症の講演をなさっています。
これらの病院で手に入れてくださればと思います。


2011-03-29(Tue)

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワークより アレルギーに関する困りごとの相談を受け付けています

反農薬東京グループの辻 万千子です。
アトピッ子地球の友ネットワークの吉沢さんから以下のメールが
きました。ここはいち早く仙台などへアレルギー対応物資を
届けるなど、一生懸命やって下さっています。
化学物質過敏症のこともできるのではないかと思います。


-----------------------転送元のメール-----------------------
From: アトピッ子吉澤 淳
To: アトピッ子 吉澤淳
Subject: 【第5報】東北地方太平洋沖地震アレルギー患者支援活動


【第5報】東北地方太平洋沖地震アレルギー患者支援活動
NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
http://www.atopicco.org

物資提供、ご寄付、協力のお申し出をたくさんいただいております。
心より感謝いたします。細やかにお返事できずにおりますことをお詫びいたします。

【1】被災地の皆さんへのメッセージ
   アレルギーに関する困りごとの相談を受け付けています
------------------------------------------------------------------------
食物アレルギー、ぜんそく、アトピー性皮膚炎などで、
困りごとがある方はご相談ください。
食物やスキンケア用品のことなど、いろいろお手伝いできると思います。
まずはお問い合わせください。

NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
TEL03-5948-7891 FAX03-5291-1392
yoshizawa@atopicco.org

*このメールを受け取った方々へのご協力お願い
私たちがアレルギーに関する困りごとの相談を受け付けていることを、
ぜひ広めてください。お願いいたします。

【2】3/19(土)、ぜんそくケア用品、物資を病院と個人宅に搬送しました
------------------------------------------------------------------------
被災地に向けて3月19日(土)13:00東京を出発しました。
運転と車の提供はボランティアの方です。

ぜんそくケア用品を病院に運びました(日本小児アレルギー学会の依頼による)
1.医療生協わたり病院(福島県いわき市)
2.いわき市立総合磐城共立病院(福島県いわき市)
3.宮城県立こども病院(宮城県仙台市)
*物資:ぜんそくケア用品

食物アレルギー用食物、粉ミルクなどを運びました。
4.かくたこども&アレルギークリニック(宮城県多賀城市)
*食物アレルギー用食物、粉ミルク(MA-1、MA-mi)、ぬいぐるみ、アルファ米、
 サージカルマスク、下着

5.SOSの連絡をくださった個人宅・避難先にも物資を運びました。
宮城県石巻市1カ所、宮城県仙台市2カ所 計3カ所
*物資:アレルギー用粉ミルクMA-1、食物アレルギー用食物
*赤ちゃんを抱え、ガソリンが切れて、移動手段がない「孤立した」方々でした。
現地のボランティアからボランティアにバトンタッチして運びました。
最終的な到着は3月20日(日)になりました。

【3】3/24(木)、物資を病院と個人宅に搬送しました
------------------------------------------------------------------------
被災地に向けて3月24日(木)10:50東京を出発しました。
運転と車の提供はボランティアの方です。

日用品、食物アレルギー用食物などを病院に運びました
1.宮城県立こども病院(宮城県仙台市)
2.かくたこども&アレルギークリニック(宮城県多賀城市)
3.一関病院(岩手県一関病院)

4. SOSの連絡をくださった個人宅に物資を運びました。
宮城県大崎市2件

5.SOSの連絡をくださった方に郵便局留で粉ミルクを送りました。
宮城県石巻市1件

【4】ご寄付・カンパのお願い 私達のアレルギー患者活動をご支援ください
---------------------------------------------------------
災害支援活動を展開するためには資金が必要です。
ぜひ、ご寄付・カンパへのご協力をお願いいたします。

●PCからクレジットカードでも寄付できます(VISA、Master)。
オンライン寄付サイトGive One(ギブワン)
http://www.giveone.net/cp/PG/CtrlPage.aspx?ctr=pm&pmk=10189

●ご寄付・カンパ方法
・みずほ銀行赤坂支店普通1834363 アトピッ子地球の子ネットワーク
・楽天銀行サルサ支店(支店番号207) 普通7043910
 特定非営利活動法人アトピッ子地球の子ネットワーク
・ゆうちょ銀行019店 当座0117481アトピッ子地球の子ネットワーク
 (郵便振替00140-1-117481 アトピッ子地球の子ネットワーク
http://www.atopicco.org/12-kaiin/index.html

【5】ボランティアを募集しています
------------------------------------------------------------------------
当方事務所での補助作業、自宅でできる作業、得意なことや協力できることをお知ら
せください。臨機応変に柔軟な支援を続けたいと考えています。ぜひ皆様のチカラを
貸してください。

_________________________________________________
■NPO法人アトピッ子地球の子ネットワーク
担当:吉澤 淳、赤城智美
yoshizawa@atopicco.org
http://www.atopicco.org
TEL03-5948-7891 FAX03-5291-1392
TEL03-5291-1391(直通)
〒169-0051東京都新宿区西早稲田1-9-19-207

食物アレルギー危機管理情報(FAICM)
https://www.atopicco-foodallergy.org/
2011-03-28(Mon)

『腸管壁浸漏症候群』について

情報交換をしている若い方から、シグナルキャッチのブログで
「分子矯正学セミナー参加を拝見したので」と、
『腸管壁浸漏症候群』について勉強した内容をまとめて送ってくださいました。
許可を得て掲載します。
私の回りの化学物質過敏症の若い患者さんは、近隣で農薬散布があると
お腹を壊し苦しみ、他の化学物質でも、お腹の具合が悪くなります。
その後の様々な体調不良や精神疾患用の症状で
なかなか社会に出られない人々が、その状況を打破できるよう
祈ってやみません。                (かごしま)


化学物質過敏症とともに悪化した「鬱」症状の改善に関わる療法を、
今週あらためて学習してきました。
それは、併発する腸管壁侵漏症候群の治療方法です。
参考にしたのは、新宿・溝口クリニック院長 溝口徹先生の
ブログです。(心療内科・精神科・内科病院)

CSがご専門の先生ではありませんが、この先生のご著書やブログは必見です。
この療法で、私もひどかった鬱症状が一年もかからず消えました。
今日は、先生のブログから一部抜き出してご紹介させて
いただきます。
詳しい内容やご著書については下記へアクセスしてみてください。
(CSについては、言及されていない先生なので、
くれぐれもご注意ください。)
http://orthomolecule.jugem.jp/?cid=9
なお、「*」部分は私個人の体験談をメモしています。

「腸管壁浸漏症候群
(Leaky Gut Syndrome…LGS)リーキガットシンドローム」
単独で病というわけではない。多くの病気に深く関与しているものである。
または、多くの病の根本原因となっている場合がある。

◆主な疾患
・ アレルギー性の病変…異種タンパク質をアレルゲンとして認識するため
・ アトピー性皮膚炎
・ 精神疾患…鉄欠乏により腸が仲間の様な重金属イオンを吸収しやすくなり
   脳へ蓄積することで、起こってくるようです。
・ 過敏性腸炎についても食事療法とサプリが有効
・「*」化学物質に弱いCS患者が併発しやすい病気みたいです。

◆発症過程
以下の繰り返しにより腸管壁浸漏症候群が形成される。
1、主に精神的あるいは化学物質的「ストレス」による胃の不調
2、胃酸分泌低下→胃酸で殺菌されなかったウィルスや細菌が十二指腸へ多量に入り込む。
3、腸へのウィルスや細菌の暴露→腸管粘膜の機能低下
4、風邪などでの服薬など、腸管粘膜への負荷による粘膜の再生スピードの低下
5、腸機能の破綻

以降、上記の繰り返しによる異物暴露によるLGSの形成

消化吸収の機能が低下して食材が下痢となって排出される。
砂糖は栄養素として吸収されやすい。
朝、砂糖やチョコレートを欲しがるひきこもりの患者がいる。


◆LGS予防に避けたいもの
○ 抗生物質の使用
(風邪には抗生物質は無効ですので処方されても注意です。)
○ アルコール、カフェイン
○ 添加物いっぱいの食材
○ 貧血・・腸管粘膜に酸素が運ばれません
○ 頭痛薬、鎮痛剤、解熱剤の使用
○ ステロイドホルモンの塗り薬、飲み薬
○ 精製炭水化物・・クッキー,ケーキ,清涼飲料,漂白パン(食パン)
○ 避妊用ピル

「*」医薬品など、必要な場面で薬は、注意して使用しましょう。
風邪の抗生物質投与で確かに腸内環境が悪化しますから、
自己の責任において対策をしましょう。

◆異物と認識するしくみ
腸管壁機能の破綻により、摂取した蛋白をアミノ酸レベルに細かくできなくなる 
ことで蛋白質を異種蛋白質として認識できる大きさで腸管壁を通り抜ける原因
になります。
(通常の腸管粘膜は食材が何か判断できない小分枝の栄養素「アミノ酸」の形で
  血液中へ吸収がおこなわれる)

◆対処療法
○ 原因の除去…LGSの原因になっている、痛み止めや抗生物質などの
        化学物質の使用を控える。
       (化学物質=白米や小麦や白砂糖など精製された食品、
        合成の食品添加物もこれに属すものとします。)
○ 既に低下している消化管機能を補助する。
○ 消化管機能を整える
○ 積極的に消化管粘膜の機能を向上させる。(ヘム鉄)肉類

◆カンジダ腸炎
 カンジダはカビに属する真菌の一種、本来弱毒性
 胃粘膜が健康なら殺菌されて腸で過剰に増殖しない。

 カンジダを増殖させる環境
 (ストレス、薬剤、ステロイド、非ステロイド、ピル、抗生物質)
 パン酵母と同じ環境が好き。

 避けるもの
・ 砂糖(精製されたもの)黒砂糖などが好ましい
・ アルコール
・ 果物(旬のものを午前中に適量のみに抑える)
・ 「*」・パンや酵母が入った食品
    (ふりかけにも、醤油にも入っています。)
 
 必要な栄養素
・ ビタミンA,C
・ 亜鉛
・ オリーブ葉エキス
・ 食物繊維サプリ
・ ヘム鉄

「*」
カンジダを改善するもの(私がこれで改善しています)
・整腸剤(乳酸菌)
・砂糖ではなく、乳酸菌の大好物のオリゴ糖で甘味をとろう!
・腸内が改善されるとヨーグルト酵母のパンなら食べやすいです。

これは、今の私の体験談ですが。その他の手作り酵母ではどれもお腹がぷくぷくします。
酵母の毒素が発生します。以前は、この毒素を代謝できずに気絶しました。
ゲップなどガスが出やすい人やお腹が張る人は要注意です。




2011-03-23(Wed)

数値?????

新聞・テレビで毎日のように聞こえてくる
福島原発問題。
専門家のコメント。

基準値を超えても
「すぐに健康に影響ない数値である・・・」

いやな言葉
辛い言葉

    微量な化学物質が人体に影響するはずがない!

10何年間この言葉を聞かされてきただろう

ホルムアルデヒドは基準値以内だ、そう出ていない・・・と。
気の持ちようだ!
気にしすぎ!

人体に影響しない数値・・・

人のからだってそう単純なものではないんだけど・・・



2011-03-15(Tue)

厚生労働省への要望書提出を延期します

『患者が医療機関で差別される事がないように人道的な
配慮を求めたい』
と厚生労働省へ要望書提出をするため、
身の危険をおして上京する若い女性がいます。



とお知らせしましたが、今回の未曾有の大地震災害で
要望書の提出を延期することにしました。


“乗り物”にも“人”にも“歩行”にも“視力的”にも
多重困難にありながら、
身をもって医療の確立を求め一大決心をして臨んでいましたが、
日本の一大事に心を治めました。


化学物質過敏症も同じように日本の一大事なのですが、
目に見えない一大事を国や社会に知らせるため、
聞き入れていただける時期を待つことにしました。


厚生労働省に行く日まで、CS患者の災害時の苦痛を募っています。
ぜひ、みなさまの声をお寄せください。
彼女にお渡しします。




2011-03-13(Sun)

CSの方で被災された時の声をください

『患者が医療機関で差別される事がないように人道的な
配慮を求めたい』と厚生労働省へ要望書提出をするため、
身の危険をおして上京する若い女性がいます。
(詳細は新聞記事に掲載ご発表します)
その方が、


<『黒煙上がる中の患者さんを思うと胸が痛みます。
この状況だからこそ必要な、患者への理解を訴えてきたいと
強く思います。
私が最も悪化した時期、周囲の理解もなく、廃人同然だと
一人ぼっちで涙を流した記憶が、命の危険があっても
上京するのだと背中を押すのです』
と、被災地の患者さんの現状の声がほしい>


との メールをいただきました。


ぜひみなさまの災害時の苦痛をお寄せください。


2011-03-07(Mon)

健康セミナー「玄米の魅力・酵素の不思議」に参加して

CSによって慢性疲労症候群や腸閉塞に似た症状
または精神症状などで
なかなか社会進出ができない若い人たちへ
たくさんの改善方法を提案します。

CSによってビタミン、ミネラルが消耗され、
様々な体調不良が起こりますが、ビタミンミネラルの摂りかたを
たくさん提案したいと思いますので、
これと思ったらやってみてください。
解説が未熟ですが、気になる情報は本やインターネットで調べてください。

今回は玄米酵素です。

健康セミナー「玄米の魅力・酵素の不思議」に参加して

ある会社のセミナーというのは、正直苦手です。
宣伝・これ以上のものはないというすり込み・宗教的な臭い、
仕方なく参加しても途中でその部屋を抜け出してしまいます。

今回は、最近の勉強で、化学物質過敏症の患者さんが、
その苦しみから抜け出すのは、どうも脳と腸!と核心を持ち始めていたから
積極的に聞きたいと思いました。

今回のセミナーの第一声は
『健康は腸の状態をよくすることから』
でした。
たとえ、宣伝でも、試す価値があると感じました。
商品は、(株)玄米酵素です。


玄米と酵素の魅力

  玄米とは・・・・・ビタミン、ミネラル、食物繊維、その他の有効成分などを含んでいる。
    玄米に含まれる有効成分     
     ・ γ‐オリザノール・・自律神経を調節する働き、しみ小じわの予防効果
     ・ アラビキノキシラン・・ナチュラルキラー細胞の活性化、抗酸化作用。
     ・ イノシトール・・・・・肝機能の改善、動脈硬化の予防、コレステロール血症の改善。
     ・ フィチン酸・・・・・強い抗酸化作用、血圧安定作用。
     ・ γ‐アミノ酸・・・・精神安定作用、血圧安定作用。
     ・ フェルラ酸・・・・・美白効果、活性酸素除去作用。(ポリフェノールの一種)


  玄米の弱点
     ・ 調理に手間がかかる
     ・ 味覚が合わない
     ・ よく噛まなければならない


  酵素とは・・・たんぱく質の一種で、あらゆる生命体が生きていくために必要な働き
        <消化・吸収・代謝(合成・転換・燃焼・解毒・排泄)>に関連する
  酵素は、食物酵素(食べ物に含まれる)消化酵素(体内にある)代謝酵素(体内にある)
        に分けられる。
  
  酵素を摂取するには
     ・ 発酵食品・・・みそ、納豆、漬物、ハイ・ゲンキ((株)玄米酵素の商品)
     ・ 生もの・・・・とろろかけごはん、刺身、生野菜サラダ、大根おろし、  
                  フレッシュジュース
  酵素の弱点
     ・ 70℃以上の熱で酵素は失活する。
     ・ 加工食品やインスタント食品からは酵素は摂取できない。
     ・ 添加物を使用した食物には酵素は含まれない。

  玄米酵素とは・・・玄米+酵素でパワーアップ
     ・ 食物繊維がたっぷり
     ・ 活性酸素消去力が高い
     ・ 消化吸収のよい酵素が豊富
     ・ 有用物質で体力維持
     ・ 優れた栄養バランス
     ・ カロリー控えめで栄養補給
     ・ 安心・安心



「万病一元」
すべての病気の原因は一つ、 血液の汚れを指します。
つまり万病一元とは「すべての病気は血液の汚れによって生じる」ということです。

健康体の血液は弱アルカリ性であり、
それを侵すものは
・ 精白食品・・・三白の害 1.米 2.パン 3.砂糖
・ 動物性たんぱく質
・ 加工食品
・ 濃厚な味
だといわれる。
これらは免疫を下げる。



2011-03-05(Sat)

3月市議会

佐賀市環境課職員から電話があった。
「佐賀市に化学物質過敏症患者は何人いますか?」
???????????????????????????????????

県から市から何度となくこの質問がシグナルキャッチに対して発せられてきた。

佐賀市にも佐賀県にも化学物質過敏症と診断できる医療機関はない!
本人も家族もこの病気を知らない状況で医者も病名を伝えられず、
本人が化学物質過敏症ですといっても、
「そんな病気はない」
とつい最近まで言っていた県病院、大学病院、


どうやって佐賀県佐賀市の患者数を私たちが述べられるのか?



3月の議会で、市民病院での化学物質過敏症の診断ができるシステム作りを
市議に依頼した。
そしたら、佐賀市環境課から
「ある市議から化学物質過敏症について意見がきたが」と、
のこのこと私たちに
「患者数は?」
ときいてきたのだ。

10人に一人、7人に一人と言われていると答えると、
市民の数にかければいいんですねというので、そうですねと答えた。

市議会でどのようなやり取りがなされるのか
市議の食い下がりかた、市議のお手並みと行政の回答を見ていよう。


プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。