--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-06-12(Wed)

◆環境省/スーパークールビズに関する要望と質問へのご回答

◆環境省/スーパークールビズに関する要望と質問へのご回答

反農薬東京グループ代表 辻 万千子様

環境省国民生活対策室の矢崎でございます。
先日頂戴いたしました、スーパークールビズに関する要望と質問に対しまして
下記の通り回答させていただきます。

質問1、「女性のクールビズについて」を定めた経緯をお知らせ下さい。
誰が、どのような理由で、いつ、どういう会議で決めたのですか。
会議等であれば、参加委員をお知らせください。
その際、アンケートなどにより一般国民の女性の意見を聞きましたか。
専門家であれば、どのような立場の方の意見ですか。

→会議等ではなく、様々な関係者からのヒアリング等により情報を収集したものです。
また、女性へのアンケートも参考にしております。


質問2、柔軟剤や香料がクールビズになると考えていますか。
その根拠は何ですか。

→クールビズの目的は「室温28℃」です。
そのため、28℃でも快適に過ごす工夫を提案しています。
アンケート等により女性の悩みとして汗、におい、熱が多いことがわかりましたので、
それらの悩みを解決し、28℃でも快適に過ごすあくまで提案の一つです。

質問3、香料による健康被害の例を知らなかったのですか。
室内や、交通機関が柔軟剤の臭いで一杯になると、具合が悪くなる人や
そこへ入れない人が出てきます。
化学物質過敏症の患者などが、通学や通勤途中、公共の場での香料暴露により、
アレルギーや喘息などの症状が引き起こされることが増えて、
これまでより外出が困難になったり、これまで通うことのできていた学校や会社に
通えなくなったりすることも考えられますが、環境省はどのような責任を取りますか。

→おっしゃるような症状と化学物質との関連性については未だ知見が十分ではない
との状況と認識しています。現時点で責任について申し上げることができません。

質問4、女性のクールビズのポイントは、快適に、健康に、美しく とありますが、
なぜ、女性は美しくなければいけないのですか。
これは女性差別だと思いますが、いかがお考えですか。

→女性は美しくなければいけないとの表現は一切使用しておりません。
快適で健康に過ごすことは美にもつながるとの意味です。

また、ご要望ですが1,2,3,5についてはご指摘を踏まえ、
表現の削除、修正等を検討しております。
4については今回のメールからは趣旨が判然としないため対応が不可能です。
なお、文章中「クールビズは、背広着用の男性中心の職場で、
冷房をつけすぎたのが問題にされて始まったのではないですか。
薄着の女性は震えて、わざわざ肩掛けや膝掛けをしていたのです。
男性が薄着になるのは一向にかまいませんが、
女性に、匂い物質を付けろと言うのは本末転倒どころか、健康被害を誘発することになります。」
とありますが、すでに「企業の6割以上にクールビズが浸透」し、
暑さを感じる女性の要望に応えるため、女性に向けたクールビズを推進しているものです。
地球温暖化防止及び夏の室温28℃へのご理解、ご協力をよろしくお願いいたします。

□■□----------------□■□
矢崎孝治
環境省 地球環境局
 地球温暖化対策課 国民生活対策室
〒100-0013 東京都千代田区霞ヶ関1-4-2 
 大同生命霞ヶ関ビル17階
TEL:03-5521-8341(内線6793)
FAX:03-3581-3348



スポンサーサイト
2013-06-09(Sun)

会員さんからの情報提供―女性クールビズ「香り」推奨を撤回 環境省、 文書も削除―

女性クールビズ「香り」推奨を撤回 環境省、
文書も削除



【編集委員・大村美香】環境省が今夏初めて「女性のクールビズ」を提案し、
洗濯の時に使う香り付き柔軟剤や制汗剤を薦めたところ、
「香料などの化学物質で体調を崩す人を増やす」と市民団体が撤回を求めた。

環境省は配慮の必要を認め、削除作業を進めている。
 「女性のクールビズ」は先月20日に発表。ファッションなどの事例とともに、
汗やにおいへの対策として「香り付き柔軟剤」「制汗剤、冷却スプレー、汗ふきシート」を挙げた。
 
これに対し、農薬や化学物質の安易な使用に反対する「反農薬東京グループ」
など3団体が3日、撤回を求めた。
室内や電車、バスで、柔軟剤などのにおいで具合が悪くなる人が出ることや、
化学物質過敏症の患者が外出しにくくなることが考えられると指摘した。
続きを読む

この記事の続きをお読みいただくには、会員登録が必要です。





シグナルキャッチの考え

市民団体からの撤回要請にすぐに撤回したことは、拍手することではあるが、
これらの課題で
環境省も様々な意見交換を繰り返し、
化学物質過敏症患者の声を聞いてきたにもかかわらず、
その課題の根本を見ることが出来なかった、、、、


「化学物質過敏症患者が外出しにくくなる」
という理由で撤回したが、
シグナルキャッチが提唱するのは、
「さらなる化学物資過敏症患者を作り出す」
ということを、訴えてきた

しかし、患者の声でなければ、
私が苦しいから、
という訴えしか行政は聞く耳を持たない。

ここが、活動をする“心がへし折れた”原因ではと気づかされた。

撤回を求めて行動してくださった
反農薬東京グループ
香料自粛を求める会
化学物質問題市民研究会

に感謝します


2013-06-06(Thu)

スーパークールビズに関する要望と質問

                               2013年6月2日
環境省 環境大臣        石原 伸晃様
国民生活対策室 室長補佐 佐藤 匡廣様
             相澤 和春様
                矢崎 孝治様


                        反農薬東京グループ
                        香料自粛を求める会
                        化学物質問題市民研究会

                      連絡先
                      反農薬東京グループ
                      代表 辻 万千子
                      〒202-0021
                      東京都西東京市東伏見2-2-28-B
                      電話/ファックス 042-463-3027
                      Eメール mtsuji@jcom.home.ne.jp
URL http://home.e06.itscom.net/chemiweb/ladybugs/
                       


        スーパークールビズに関する要望と質問

 私たちは、農薬や化学物質の安易な使用に反対して運動しているグループです。
 5月20日に公表された「平成25年度スーパークールビズの実施について(お知らせ)」
を拝見して驚きました。クールビズというキャンペーンそのものに反対するわけでは
ありませんが、今年新たに加えられた「女性のクールビズについて」の内容は、
あまりにもひどすぎます。
特に、女性のクールビズ事例の最後に書かれている「匂い対策となる香り付き柔軟剤」
については、開いた口がふさがりませんでした。

 貴省は、大勢の人たちが柔軟剤や香料で健康被害を受けていることを
ご存じなかったのですか。
参考資料を見てください。化学物質過敏症やアレルギー、喘息、偏頭痛の患者など、
香料等によって症状が引き起こされる可能性のある疾患に苦しむ人は大勢います。
消費者庁の事故情報データーバンクにも、「柔軟剤」や「合成洗剤」、「芳香剤」などの
「香料」による健康被害の訴えが数多く報告されています。

 私たちは、いままでも、官公庁庁舎の管理・運営業務における民間競争入札実施要項(案)
に関するパブリックコメント募集の際、『清掃業務において香料を含む製品を用いないことを
仕様書に明記すること。』を求めてきました。
 
 そもそも、必要もない化学物質の使用を減らすのは貴省の責務ではありませんか。
柔軟剤、しかも香料入りのものを使えとは信じられません。

香り付き柔軟剤には揮発性物質が含まれており、貴省の勧めによりそれらの製品の使用が増えると、
それだけ冷房のために閉め切られた室内の空気がさらに汚染されることになります。

香料で症状が引き起こされる自覚のない人であっても、室内空気汚染により
健康を害される可能性はあります。また、香りは個人的な嗜好もあるため、
嫌いな香りが室内に漂っていれば、不快に思ったり、仕事に集中できなかったりするなど、
マイナスの影響が生じることも考えられます。

換気回数が増えれば、冷房効率も落ちてかえって省エネ効果がなくなる可能性だってあります。
いったいどのような根拠があって、柔軟剤や香料がクールビズになると考えているのですか。

 クールビズは、背広着用の男性中心の職場で、冷房をつけすぎたのが問題にされて始まったのではないですか。薄着の女性は震えて、わざわざ肩掛けや膝掛けをしていたのです。

男性が薄着になるのは一向にかまいませんが、女性に、匂い物質を付けろと言うのは本末転倒どころか、
健康被害を誘発することになります。

 入浴やシャワーで汗を流し身体を洗って清潔にし、洗濯して汚れが落ちた清潔な衣類を着て出勤する、
吸湿性や速乾性、通気性のある衣類を着たり、汗が出たらこまめに拭いたりするなど、
何も、室内空気を汚染する物質を含む製品を利用する必要はないではありませんか。

 貴省が、汗やにおい対策を女性に奨励し、しかも制汗剤や冷却スプレー等の使用を勧めることで、
特に自分では気にせずに制汗剤などを使用せずに過ごされていた方も使い始めるなど、使用が増えれば、
患者は、外出先で症状が出て体調不良になることが増えたり、これまで通勤できていた会社や
通学できていた大学や高校に通えなくなったりする可能性だってあります。

 化学物質に反応して、化粧できない人、ノーメイクの人も多い中で、このようなことを勧める環境省は、
個人への介入が過ぎ職務を逸脱していませんか。

 クールビズとは、ライフスタイルでなく、地球温暖化対策に名を借りて、
売り上げを増やそうとするビジネスで、貴省はその手先だといわれても反論できないでしょう。

貴省が推奨する、さまざまなクールビズ製品をつくるのに必要なエネルギーを考えると、
むしろ地球温暖化を推進しているように思えます。

6月10日までに以下の質問と要望にお答え下さい。


                質問

質問1、「女性のクールビズについて」を定めた経緯をお知らせ下さい。
誰が、どのような理由で、いつ、どういう会議で決めたのですか。
会議等であれば、参加委員をお知らせください。
その際、アンケートなどにより一般国民の女性の意見を聞きましたか。
専門家であれば、どのような立場の方の意見ですか。

質問2、柔軟剤や香料がクールビズになると考えていますか。その根拠は何ですか。

質問3、香料による健康被害の例を知らなかったのですか。室内や、交通機関が
柔軟剤の臭いで一杯になると、具合が悪くなる人やそこへ入れない人が出てきます。

化学物質過敏症の患者などが、通学や通勤途中、公共の場での香料暴露により、
アレルギーや喘息などの症状が引き起こされることが増えて、これまでより外出が困難になったり、
これまで通うことのできていた学校や会社に通えなくなったりすることも考えられますが、
環境省はどのような責任を取りますか。

質問4、女性のクールビズのポイントは、快適に、健康に、美しく とありますが、
なぜ、女性は美しくなければいけないのですか。これは女性差別だと思いますが、
いかがお考えですか。


                 要望

1,ただちに「香り付き柔軟剤の使用」を勧める表現をすべて削除してください。

2,制汗剤や冷却スプレーの使用を勧める表現を削除してください。

3,スプレー式のミストウォーター(※化粧水成分やエタノール、アロマオイルなど
が成分)やアロマミストを勧めている箇所を削除してください。

4,「女性のクールビズ」を撤回してください。

5,今後は、「クールビズ対策」の中だけでなく、他の政策の中においても、
香りの利用を国として推奨することは一切やめてください。



参考資料

1、香料の健康影響
 渡部さんのHP   http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/  にある
http://www.maroon.dti.ne.jp/bandaikw/archiv/chemicals_in_general/fragrance_idx.htm

2、香りで苦しむ人がいる「香料自粛」を
 福澤、小沢 : 薬事新報 No.2666、p15,2011

3、香料自粛のお願い
 化学物質過敏症支援センターのHP  http://www.cssc.jp 
   http://www.cssc.jp/kouryo_jisyuku.html

4、新聞報道/記事に香料の問題を見る香りで苦しむ人がいる「香料自粛」を
化学物質問題市民研究会のHP http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/  にある
http://www.ne.jp/asahi/kagaku/pico/tsuushin/tsuushin_10/pico_146.html#146-3

5、消費者庁と国民生活センターによる 事故情報データバンクシステム
http://www.jikojoho.go.jp/ai_national/
  柔軟剤で検索すると 13.6.1現在91件がヒットします。



プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。