--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-09-09(Mon)

つくば市の土浦市より少しは考えてくださった内容の回答

標記の件につきまして,下記のとおり回答します。

(回答)
この度御指摘の農薬空中散布につきましては,
本年度市内の数地域で水稲等の病害虫防除を目的とした,
無人ヘリコプターでの農薬空中散布を実施しております。

 この空中散布の実施にあたりましては,実施主体が「無人ヘリコプター利用技術指導指針」
(平成3年4月22日付け3農蚕1974号,農林水産省農蚕園芸局長通知,以下「指針」という。)
及び「茨城県無人ヘリコプター適正利用指導要領」(以下「要領」という。)の定めるところにより,
実施の概ね1箇月前までに市町村長及び社団法人茨城県植物防疫協会長に
実施計画書を提出することとなっております。

 本市におきましては,これら指針及び要領等に基づき,実施主体に対して散布区域に係る行政機関,
学校等の公共施設,居住者及び農業者等に対し,事前連絡,周知の徹底及び御理解,
御協力を十分得るよう指導・助言に努めているところです。

 なお,市内におきましては,水稲等の病害虫防除を効果的に行い,
高品質な農作物を低コストで効率的に生産するために,
無人ヘリコプターによる農薬の空中散布を必要としている地域もあると考えております。
 今後これらの地域に対しては,人の健康への影響がより少ないとされる農薬を選択するとともに,
飛散防止対策も強化する等,市民等の健康に配慮した実施体制を整えるよう
助言してまいりたいと考えております。
 
 また,本市では農薬の適正使用につきまして,農薬の使用者等に対し,
ホームページ及び広報紙,回覧文書等により随時啓発を行っており,
引き続き指導・啓発に努めてまります。
(*参照:HP掲載アドレス:http://www.city.tsukuba.ibaraki.jp/14216/14366/009952.html)
 
 なお,農薬散布後の体調不良等で御心配事がありましたら,大変恐れ入りますが,
「公益財団法人日本中毒センター」の相談窓口等に直接御相談いただきますようお願いいたします。

*****************************************
 つくば市経済部農業課 営農推進係
 〒305-8555 
 つくば市苅間2530-2(研究学園D32街区2画地)
 TEL:029-883-1111(内線:4420~4423)
 FAX:029-868-7622
 E-mail:eco021@info.tsukuba.ibaraki.jp
*****************************************

この回答に対するシグナルキャッチからの返事は、
土浦市に出した内容に加え、
急性中毒に関する相談書では化学物質過敏症の相談は受けられないだろうと書きました。



以下、つくば市への意見書の一部

市民等の健康に配慮した実施体制というのは、どのような体制なのか、教えてください。

1.人の健康への影響がより少ないとされる農薬を選択、はどこまで進んでいるのか
2.飛散防止対策も強化するとは、どのような方法が考えられるのか
3.患者さんの呼吸できる安全な場所を提供する事はできるのか
4.その他(具体的に)

また、『「公益財団法人日本中毒センター」の相談窓口等に直接御相談いただきますよう
お願いいたします。』とありますが、「公益財団法人日本中毒センター」とは
   『化学物質等に起因する急性中毒等について、一般国民及び医療従事者等
    に対する啓発、情報提供等を行うことにより、我が国の 医療の向上を図るととも  
に、広く公益に寄与することを目的とした機関です。』
と謳っています。

佐賀大学の教授たちも、日本は古くから中毒に関しては研究がなされてきたが、
微量の化学物質が及ぼす健康被害については何もわかっていないといいます。
「公益財団法人日本中毒センター」に相談に行っても何の回答も得られません。

化学物質過敏症患者に対しては、行政からの
「その近辺の数キロ単位での空中散布を行わない、
患者さんの呼吸できる安全な場所を提供する」
等しか解決策はないと思われますが、いかがでしょうか?



シグナルキャッチ 代表 鹿児島ひとみ



スポンサーサイト
2013-09-07(Sat)

土浦市への質問への回答依頼

土浦市農林水産課 坂本様


ご返信有難うございました。

この度の質問は、「化学物質過敏症患者への対応」ですが、
この返信では、農薬散布の日以降の患者の
生きていく困難を解消するものではないのはおわかりでしょうか?

化学物質過敏症という病気をどのように認識して
いらっしゃるのでしょうか。


化学物質過敏症患者が、農薬散布の後、
死ぬわけではなく、しかし、生きながらに悶絶していることを
どの程度ご存知なのでしょうか?

患者たちは死ねば考えてくれるのかと口にします。



「空中散布に十分配慮するよう依頼する」というのは、
どのような配慮なのか、

例えば、下記のどの配慮なのかを教えてください。
1. その近辺のしいキロ単位での空中散布を行わない
2. 患者さんの呼吸できる安全な場所を提供する
3. その他(具体的に)

ぜひとも、患者たちに対する「回答」を頂ますよう
おねがい致します。

シグナルキャッチ 代表 鹿児島ひとみ


2013-09-07(Sat)

誠意が感じられない土浦市からの返信

茨城県の患者さんからの相談を受け、
空中散布について茨城県・土浦市・つくば市に
患者に対しての対応をお聞きしました。
まずは、一番遅くて、回答者の名前も苗字のみ、文章も段落なく(これでも、こちらで段落を切った)
内容もない回答を載せます。




先日、メールがありました住宅地における農薬散布及び化学物質過敏症患者への対応について、
下記のとおり回答いたします。回答にお時間を頂いたことをお詫び申し上げます。


土浦市農林水産課 坂本


      記 

土浦市内での農薬の空中散布につきましては、生産者が組織する協議会が実施主体となり、
無人ヘリによる水田への農薬空中散布を実施しています。
実施に際しましては、実施主体が「住宅地における農薬散布について」の通達等を含め
茨城県植物防疫協会からの助言を受け、実施計画を作成し実施しています。
なお、農薬の散布方法につきましては、風の弱い午前4時からの早朝の時間帯での散布や、
高度を田面(稲穂)から約2mの高さによる低空飛行で行うなど、飛散防止に努めております。
土浦市の空中散布の対策としましては、実施主体からの実施計画書の提出及び学校、
地域住民の方への周知協力依頼の際に、実施主体に対して、法令等に基づき安全性の確保や
地域住民への周知について万全な対応を行うよう依頼しています。
市においても散布について30の町内会への回覧による周知、小中学校6校の全児童への文書配布、
散布前日の地域防災無線によるお知らせなど、住民の方への幅広い周知を行っているところです。
なお、苦しんでいらっしゃる患者さんに対しては、事前に住所、連絡先等の情報を頂ければ、
実施主体者に対して状況等を説明し空中散布に十分配慮するように依頼していきたいと
考えておりますのでよろしくお願いします。



プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。