FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-23(Thu)

~健康障害を生じるミネラル不足~「食べなきゃ危険」 講演会

平成22年9月8日(水)13:30~
佐賀城本丸歴史館にて
講師:中戸川貢さん(食品と暮らしの安全記者)

・・・・発達障害は、専門医に治療を受けてもほんの少ししかよくならないのが普通です。
ようやく診断がつくと、「一生治りません」と言われて、「子どもを殺して、自分も死のう」と
思いつめる親が少なくありません。

ところが、ミネラルを補給するだけで症状が劇的によくなるケースがあるのです。・・・・

衝撃的な活字が目に入りました。食品と暮らしの安全基金が出した「食べなきゃ危険」
の本の表紙に書いてあります。

まえがきには「本書は、ミネラル不足になる食品の実情を始めて明らかにし、
ミネラルを補給すると、神経系の状態がよくなり、学校の成績が上がる理由を示しました。」


と書いてあります。

ぜひ、もっと詳しくお聞きしたい、多くの方にも知ってほしいと、
NPO法人「食品と暮らしの安全」に講演を依頼し、
当日は、ご講演と多くの方々からの質問に答えていただきました。



講師の中戸川貢さんは、現代の食品がミネラル不足になっている理由を話されました。

1、 弁当、惣菜、冷凍食品、レトルト食品などの原料に、水溶性成分とともに
ミネラルが溶け出た「水煮食品」がたくさん使われるようになった。
2、 「リン酸塩」がたくさんの加工食品に添加され、ミネラルの吸収を阻害している。
3、 加工食品の原料の大半が「精製」されて、ミネラルを抜かれている。


リン酸塩は、食品をやわらかくしたり、形を保ったり、増量したり、売る側のメリットは大きい。

がしかし、それを摂取した私たちはリン酸塩がミネラルと化合して、
ミネラルを対外に持ち出してしまうと言われる。


また、リン酸塩は必ずしもその名前で書かれていなくてPH調整剤とか膨張剤、乳化剤、
調味料、かんすい、イーストフード、等など記載することができるので
見分けるのがとても難しいというのも、問題を感じました。


かつては、農薬や添加物などの有害食品を示し、
食べてはいけない、
買ってはいけないと啓発してこられた「食品と暮らしの基金」は、
ミネラルの豊富な食品を食べなきゃ危険と話されます。



ミネラル補給のポイントは
① だしは煮干と昆布を用いるといい。
② ごま油とエキストラバージンオイル油を使うといい。
てんぷら油とサラダ油は精製油なので、ミネラルが含まれない。
③ 種実類(コーヒー、ココア、アーモンド、ピスタチオ、へーゼルナッツ、
カシューナッツ、松の実、銀杏など)・豆類を多く摂る。
④ 調理法は、ゆで汁を捨てる下ゆでやあく抜きをできるだけしない方法がいい。
⑤ サプリメントにお金を使うことを考えるより、ミネラルの豊富な食品を食べること
によって健康を維持すると決意すること。サプリメントは、弊害のほうが多い。



そして、ミネラル補給の一つの方法として、「無添加白だし」でミネラル補給をして
アスペルガー症候群と診断され、学校にうまく適応できず
親子で苦しんでいる男の子の変化を話されました。

白だし摂取後4日目で、パニックが起きなくなった、
何かに取り組む意欲が出てきた、など精神面での変化が現れたということです。

摂取前はとがった剣やそれが刺さった絵を描いていたが、
摂取後は、剣の先が緩やかになり、生まれ変わったと表現するなど自分の体調の変化を
実感する絵を描いたそうです。



ミネラル不足が引き起こす子どもたちの本人も苦しい様々な行動を知り、
愕然とすると同時に、改善の方法がある事を幸せに思いました。


現代の食品の姿を知ることは、問題解決の大きな前進でした。


鹿児島ひとみ


    <NPO法人佐賀環境推進センター発行  手間ひまかけてていねいに暮らす 秋号にも掲載>

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

こんなのは、ご存知でしたか?

「ミネラルって、何だろう?」というセミナーのビデオなんですが、
 前半はほとんど、「食品添加物」の話です。
「食生活」の観点から見ても、非常に興味深いので、一度ご覧ください。
  ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
 
   http://p.tl/0J1u

経験者さんへ

情報をありがとうございました。

まだ、時間が取れなくてよくみていませんが、
少しみたスタッフが、現代の食生活の裏側とそれらが体に吸収されたらどうなるか・・・ある意味化学物質化敏症になる経過みたいな話が====!!と連絡してきました。

日曜日に見ます。

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。