FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-09-24(Fri)

「食べなきゃ危険」講演会で感じたこと

講演会の内容をどのように伝えようか考えた末、各自が自分の興味の視点で書き留めた内容を
それぞれの表し方で伝えようということになりました。
先に鹿児島さんが書いた内容と重複する部分もありますが、ご了承下さい。


★忙しい現代社会、朝早く起きてつくるお弁当・・冷凍食品を活用してみたり、昼食や夕食をたまにはお惣菜ですませてみたり、家族でお出かけした日は外食することも少なくない毎日です。
もちろん化学物質過敏症を発症してしまい、そういったものは一切食べられない方々もいるわけですが、
全て絶対にダメということではなく、ミネラル不足による弊害を受けないためにも、現実を知ることで買う時に表示に気をつける癖(できるだけそのような表示のないものを選ぶ)、一品でもいいから手作りのおかずを作ろうとする意識、外食を減らし自宅で食事をする機会を増やそうとする意識を持てるようになるのは母親として主婦としてとても有意義なことだと感じました。
学校のふれあい学級児童数が増えているという事実の中にも、肢体不自由児や病弱、虚弱児童は横ばいで
知的障害、自閉障害、情緒障害の児童が増えているのが調査の実態だということでした。
要点だけまとめて掲載しますが、もっと詳しく知りたい方は本を買って読んだり、実際に問い合わせてみたりして下さい。

<業務用の落とし穴>  ~加工の過程でミネラルが抜けている~
① 水煮  ゆで汁に溶けてしまっている。
       冷凍食品などは表示をよく確認 

  レトルト  加熱殺菌
        製造過程でボイル野菜、ボイル肉を使用
        
    ※加熱殺菌するのになぜボイル品を使うのか?・・・・形くずれしないため!!
     ⇒ミネラルの入った煮汁は捨て、化学調味料で味付けしてある。

  ※1品だけでもいいから手作りしたほうがミネラルを摂取できる。

②精製食品の増加(小麦粉、砂糖、油など)
   精製=製造過程で不純物をとりのぞいた製品・・・実はミネラルをとりのぞいた製品!!
  ★無脂肪、低脂肪乳製品⇒乳脂肪の一部を精製油に置き換えた乳製品は太るだけ!!

③リン酸塩の増加 ⇒食べ物のミネラルを体に吸収されなくする。
          そのまま便として排出されてしまう。
          微量ミネラルも吸収阻害される。

*リン酸塩のあらわされ方・・・・・リン酸塩のことです
   メタリン酸・・・クリーム
   ピロリン酸・・・プリン、コーヒーフレッシュなど
   ポリリン酸

   ※ポテトサラダ、コロッケなどは、じゃがいもではなくマッシュポテト(水煮)使用の可能性大
   ※PH調整剤の中にもリン酸塩

   ・乳化剤⇒チーズなど  ・かんすい⇒合成リン酸(ラーメンなど)
   ・イーストフード(化学物質)⇒パンなど
   ・ガムベース
   ・調味料(アミノ酸等)という表示の場合、「等」の中にリン酸が含まれる
   ・膨張剤
   ・ホイップクリーム(リン酸塩)
   ・ソルビン酸⇒腸内細菌を殺してしまう
   ※重合リン酸 特にダメ!!

○表示免除品に気をつける⇒表示がない分、リン酸塩の使用の有無が見えない
   ・キャリーオーバー   魚肉すり身など
   ・加工助剤       煮豆製造時の品質改良剤など 
   ・バラ売り食品     おでん練り製品(コンビニなど)
               屋台の焼きそば、たこ焼き、バーガー、たい焼きなど

★  微量ミネラル摂取は、だし(大きなにぼしがいい)
           コーヒー、ココアには市販のコーヒー用ミルクではなく牛乳を入れるほうがいい
★  主流ミネラルは食事で採る ・丸ごと食べられるもの(ナッツ、納豆、みそなど有効)
                ・無水鍋やタジン鍋など活用でゆで汁まで食べる工夫
                 ※ゆで捨てないため野菜等はできるだけ自然栽培のものを選ぶ
                 ※デトックスより、ミネラル多量摂取で体の代謝をよくする


★  ミネラル豊富な白だしを「食品と暮らしの安全基金」でも取り扱っています。
   小さめの紙パック入りなので手軽にみそ汁など、料理をつくりながら味付けの際に入れたり、
   お醤油がわりにかけたりという活用法でもよいみたいです。
   事例として紹介されたアスペルガーが改善した子供さんの場合は好んで飲んでいたぶどうジュースに
   混ぜて飲ませていたそうです。
   手作りの時間がなかなかとれない方はそんなことから始めてみるのもいいと思います   
        

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。