FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-03-28(Mon)

『腸管壁浸漏症候群』について

情報交換をしている若い方から、シグナルキャッチのブログで
「分子矯正学セミナー参加を拝見したので」と、
『腸管壁浸漏症候群』について勉強した内容をまとめて送ってくださいました。
許可を得て掲載します。
私の回りの化学物質過敏症の若い患者さんは、近隣で農薬散布があると
お腹を壊し苦しみ、他の化学物質でも、お腹の具合が悪くなります。
その後の様々な体調不良や精神疾患用の症状で
なかなか社会に出られない人々が、その状況を打破できるよう
祈ってやみません。                (かごしま)


化学物質過敏症とともに悪化した「鬱」症状の改善に関わる療法を、
今週あらためて学習してきました。
それは、併発する腸管壁侵漏症候群の治療方法です。
参考にしたのは、新宿・溝口クリニック院長 溝口徹先生の
ブログです。(心療内科・精神科・内科病院)

CSがご専門の先生ではありませんが、この先生のご著書やブログは必見です。
この療法で、私もひどかった鬱症状が一年もかからず消えました。
今日は、先生のブログから一部抜き出してご紹介させて
いただきます。
詳しい内容やご著書については下記へアクセスしてみてください。
(CSについては、言及されていない先生なので、
くれぐれもご注意ください。)
http://orthomolecule.jugem.jp/?cid=9
なお、「*」部分は私個人の体験談をメモしています。

「腸管壁浸漏症候群
(Leaky Gut Syndrome…LGS)リーキガットシンドローム」
単独で病というわけではない。多くの病気に深く関与しているものである。
または、多くの病の根本原因となっている場合がある。

◆主な疾患
・ アレルギー性の病変…異種タンパク質をアレルゲンとして認識するため
・ アトピー性皮膚炎
・ 精神疾患…鉄欠乏により腸が仲間の様な重金属イオンを吸収しやすくなり
   脳へ蓄積することで、起こってくるようです。
・ 過敏性腸炎についても食事療法とサプリが有効
・「*」化学物質に弱いCS患者が併発しやすい病気みたいです。

◆発症過程
以下の繰り返しにより腸管壁浸漏症候群が形成される。
1、主に精神的あるいは化学物質的「ストレス」による胃の不調
2、胃酸分泌低下→胃酸で殺菌されなかったウィルスや細菌が十二指腸へ多量に入り込む。
3、腸へのウィルスや細菌の暴露→腸管粘膜の機能低下
4、風邪などでの服薬など、腸管粘膜への負荷による粘膜の再生スピードの低下
5、腸機能の破綻

以降、上記の繰り返しによる異物暴露によるLGSの形成

消化吸収の機能が低下して食材が下痢となって排出される。
砂糖は栄養素として吸収されやすい。
朝、砂糖やチョコレートを欲しがるひきこもりの患者がいる。


◆LGS予防に避けたいもの
○ 抗生物質の使用
(風邪には抗生物質は無効ですので処方されても注意です。)
○ アルコール、カフェイン
○ 添加物いっぱいの食材
○ 貧血・・腸管粘膜に酸素が運ばれません
○ 頭痛薬、鎮痛剤、解熱剤の使用
○ ステロイドホルモンの塗り薬、飲み薬
○ 精製炭水化物・・クッキー,ケーキ,清涼飲料,漂白パン(食パン)
○ 避妊用ピル

「*」医薬品など、必要な場面で薬は、注意して使用しましょう。
風邪の抗生物質投与で確かに腸内環境が悪化しますから、
自己の責任において対策をしましょう。

◆異物と認識するしくみ
腸管壁機能の破綻により、摂取した蛋白をアミノ酸レベルに細かくできなくなる 
ことで蛋白質を異種蛋白質として認識できる大きさで腸管壁を通り抜ける原因
になります。
(通常の腸管粘膜は食材が何か判断できない小分枝の栄養素「アミノ酸」の形で
  血液中へ吸収がおこなわれる)

◆対処療法
○ 原因の除去…LGSの原因になっている、痛み止めや抗生物質などの
        化学物質の使用を控える。
       (化学物質=白米や小麦や白砂糖など精製された食品、
        合成の食品添加物もこれに属すものとします。)
○ 既に低下している消化管機能を補助する。
○ 消化管機能を整える
○ 積極的に消化管粘膜の機能を向上させる。(ヘム鉄)肉類

◆カンジダ腸炎
 カンジダはカビに属する真菌の一種、本来弱毒性
 胃粘膜が健康なら殺菌されて腸で過剰に増殖しない。

 カンジダを増殖させる環境
 (ストレス、薬剤、ステロイド、非ステロイド、ピル、抗生物質)
 パン酵母と同じ環境が好き。

 避けるもの
・ 砂糖(精製されたもの)黒砂糖などが好ましい
・ アルコール
・ 果物(旬のものを午前中に適量のみに抑える)
・ 「*」・パンや酵母が入った食品
    (ふりかけにも、醤油にも入っています。)
 
 必要な栄養素
・ ビタミンA,C
・ 亜鉛
・ オリーブ葉エキス
・ 食物繊維サプリ
・ ヘム鉄

「*」
カンジダを改善するもの(私がこれで改善しています)
・整腸剤(乳酸菌)
・砂糖ではなく、乳酸菌の大好物のオリゴ糖で甘味をとろう!
・腸内が改善されるとヨーグルト酵母のパンなら食べやすいです。

これは、今の私の体験談ですが。その他の手作り酵母ではどれもお腹がぷくぷくします。
酵母の毒素が発生します。以前は、この毒素を代謝できずに気絶しました。
ゲップなどガスが出やすい人やお腹が張る人は要注意です。




スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

【うつ病 ブログ】 シグナルキャッチのブログ 『腸管壁浸漏症候群』について

[うつ病 ブログ] シグナルキャッチのブログ 『腸管壁浸漏症候群』について情報交換をしている若い方から、シグナルキャッチのブログで「分子矯正学セミナー参加を拝見したので」と、 『腸管壁浸漏症候群』につ...

ステロイドに頼らないアトピー性皮膚炎の治療法

海外からも注目の独自の薬も使わずアトピー改善へと導く改善法をお教えします。

頭痛を根本から消し去る方法

もしも薬・医者に頼らず短時間で頭痛を解消し頭痛が再発しない体質を作ることが本当に可能だとしたら・・・あなたは知りたくありませんか?

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。