FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-05-26(Thu)

「広瀬隆氏講演会のご案内」



 3/11福島原発の大災害は、玄海原発裁判の第2回公判当日入廷の
最中の出来事でした。
2ヶ月半過ぎても東電や政府の手ぬるい対応と、情報隠しの体質は
福島県民、そして国民を愚弄するものです。

特に20ミリシーベルト問題は、福島の子どもたちの健康と未来をも
無視した無責任極まりないものです。

 福島のお父さん、お母さんたちが立ち上がり、国(文部科学省)に対し
子ども達を放射能から救おうと、20ミリシーベルトの撤回を求めています。

福島の人と一緒に声をあげていきましょう。

 今福島の地で子供たちが通園通学を余儀なくさせられていることを思うと、
心が痛んでなりません。
放射能の被害は、子々孫々まで苦しみを押し付けるものです。

 玄海原発は、3号機が世界で類を見ない危険なプルサーマルといわれ、
また1号機は圧力容器が、「脆性遷移温度98度(ぜいせいせんいおんど)」
日本一危険な老朽化状態であると言われています。

このようなことを佐賀の私達住民にはほとんど知らされていません。

 この度、広瀬隆さんを佐賀にお呼びして、福島原発の現実と玄海原発の状況を、
解かりやすく話していただきますので、どうかこの機会にぜひご参加下さいますよう
ご案内いたします。

そして、ブログなどで転載転送していただける方は、拡散のご協力
よろしくお願いします。
今後ともご支援・ご協力お願い申し上げます。

 
   玄海原発プルサーマル裁判の会
             石丸 初美
        090-6772-1137

今、福島で何が起こっているのか?

福島の真実、玄海の虚構

福島3号で明らかになった、プルサーマルと老朽化した
原子炉の危険性。玄海原発でも同じ問題を抱えている。
九電は、場当たり的な地震と津波対策しか行っていない。

被災地で強いられる避難生活と、見えない放射能への不安。
故郷を追われる人々。汚染地区で育つ子供達。
原子力の恐ろしさを「再び」目の当たりにした私たちが
いま、できることはなにか。一緒に考えてみませんか。

【どなたでもご参加いただけます】
6月5日(日)
佐賀教育会館
(佐賀市高木瀬町東高木227-1)
資料代 500円

■第一部■ 12時30分~13時20分
     玄海原発プルサーマル裁判の会 報告会
■第二部■ 13時30分~16時
     広瀬隆 講演会
■広瀬隆 佐賀講演会実行委員会
■玄海原発プルサーマル裁判の会
お問合せ 090-3325-0651(於保)









スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。