FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-06-18(Sat)

子どもたちの体調不良による不登校に対して、無関心すぎる教師たち

この2ヶ月、
体調が悪い!きつい!なんかおかしい!
うちの子がしょっちゅうお腹が痛くなって!目が痛くなって!耳が痛がって!
朝ぐずぐずして学校に行けない様子で!
と、次々に相談がきます。

これが学生であると、
朝なかなか起きられない。
起きてきても、さっと登校できない。
登校すると、割と元気で、特別な病状もない。
病院に行っても、異常がないといわれる。

偏西風・黄砂・近隣の農薬散布が大きく影響していると思われます。
毎年、春から6月にかけて、体調不良が始まります。

こういうとき、担任は、
「病気ではないのだから、頑張るよう」声掛けをします。
受験を控えているとなお更、その生徒の事を考えて、
不登校にしたらかわいそうと思うのでしょう。

学校に行けたほうがいいと思います。
不登校がいけないというのではなく、
行きたいのに行けない生徒のみになって
考える必要があるのです。

身体が病気に冒されているので、それをまず治すことが大事なんです。

そうすると、診断書がないと聞き入れられないという返事が返ってきます。
どこの病院に行ったら、化学物質過敏症と診断してくれるのでしょうか?

佐賀医大でも県病院でも国立病院でも、化学物質過敏症と診断できません。
県にも市にも、公的病院で化学物質過敏症を診てほしいとお願いしましたが、
今のところ無理だと言う返事しかかえって来ていません。

佐賀市も佐賀県も化学物質過敏症という病気があると記しています。
佐賀市も佐賀県もシックスクール問題に取り組んでいると記しています。

なのに、学校で子どもたちがその症状で学校に行きづらくなったときの手立ては全くありません。

佐賀では数年前から養護教諭の組織や教師組合が、
化学物質過敏症を学び始め、何度も勉強会を重ねてこられました。
養護の先生に気づいてもらった生徒は幸運です。
そうかもしれないからと、登校を促されず、体調不良を改善する方法の選択肢を知り、
改善していく生徒もいます。

急いで先生方に化学物質過敏症に対する認識と、
対応マニュアルを持ってもらおうと思います。

行動を起こします。


スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。