FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-26(Thu)

佐賀市議会議員・文教福祉委員会学習会に「化学物質過敏症」つづき その1

化学物質過敏症の子どもたちを学校でどのように救うか?
という活動は,
一部の地域では成されていると感じます。

『シックスクール』という問題は、
化学物質過敏症の子どもに対してどうしたら良いか
ということにつきていますが、
学校に行きづらい子ども、
学校には行くが、人と交われない、
いわゆる、不登校と言われる子どもたちの原因が『化学物質』
である可能性が高いのに(10年間の相談と私たちの子どもの経験から)、
その原因を本人はもちろん、親も教師も知らないというのが、
今の社会の現状だと思います。

小学校、中学校時代にその原因を知らせることで、
本人や家族や教師が、対応でき、その先にある「社会人」に
発展していくことができるのです。



今、不登校気味の子どもたちに、「何があったの?」
と聞くと、何かしらの原因を言わなければと思い、
小さなみんなが納得するであろう原因を告げます。いじめ、、、友だちができない、、、
先生が怒った、、、勉強についていけない、、、
と話すでしょう。

先生方は、この不登校はいじめだ、
本人の性格によるものだ、
いじめをどうしたら無くすことができるか?
引っ込み思案な性格をどうしたらみんなと強調できるか?
と、
本当の原因から離れた、末端の部分での改善策に奔走していることが多いと感じます。


シックハウスや農薬散布などの化学物資で体を侵されていると
今まで闊達な子どもでも、
人とコミュニケーションが取れなくなったり、
ちょっとした人の言葉に傷ついたり、
ヤル気が出なくなったり、
朝起きれなくなったり、
学校にいけなくなる材料がぎっしりの体になるのですから。

そこで、私たちは、学校に来づらいこどもたちに、
先生方に、シックハウス症候群ではないかと調べて欲しいのです。


その目的の市会議員への勉強会でした。


つづく



スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。