FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-27(Fri)

佐賀市議会議員・文教福祉委員会学習会に「化学物質過敏症」つづき その2

文教福祉委員会委員10名中9名、
他委員会議員1名、
教育委員会学事課職員3名
シグナルキャッチ5名

子どもの健康を守るための学習会
―化学物質過敏症の周知と登校困難な児童への対策―
が始まった。

①まず、シグナルキャッチより、私たちが考える不登校の現状。

県や市が発表している「『不登校』のきっかけと考えられる状況」は、
学校に関わる状況が29.2%
家庭に関わる状況が24.8%
本人に関わる状況が63.7%
であり、県と市の対応は、
「指導の結果登校するまたは出来るようになった児童生徒」
に特に、効果があった学校の措置として
* 研修会や事例研究会を通じて全教師の共通理解を図った。
* スクールカウンセラー、相談員にあたった。
   * 本人が意欲を持って活動できる場を用意した。
* スクールカウンセラー、相談員が専門的に相談にあたった。
* 登校を促すため、電話、迎えに行く、などした。
* 教師とのふれあいを多くするなど、教師との関係を改善した。
* 家庭訪問、学業や生活面での相談にのるなど、様々な指導、援助を行った。
 
これらの措置は、不登校のきっかけとなった状況のうち、
学校と家庭に関わる状況の対応であり、
6割を占める本人に関わる状況は手付かずである。

それらの措置は、心の問題で学校に行けないと決めつけていて、
私たちが考える不登校の大きな原因の一つ
「シックハウス症候群・化学物質過敏症」で、
不登校になっている生徒児童を見つけ救うことはできない

そこで、この病気をまず市議会議員の方々に知っていただき、
教育委員会に働きかけてほしい。


②不登校の状況について、議員さんの情報と認識を教えて下さい。・・・つづく




スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。