--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-29(Sun)

佐賀市議会議員・文教福祉委員会学習会に「化学物質過敏症」つづき その4

③ 発表:化学物質過敏症の実態とマニュアルの見方 

普通、一時間半ほど頂いて話す「シックハウス症候群・化学物質過敏症」を、
35分で話したため、どこまで伝わったか少々不安でしたが・・。

  【レジュメ・・・大学の講義でも、どこからの依頼の講演でもこのレジュメが基本です】
     シックハウス症候群・化学物質過敏症
       ―生活空気環境からくる体調不良と問題行動―

1) 化学物質過敏症とは
   * 身の回りの化学物質に作用が体内にたまり、その人の許容量を超えたときに発症する。
   * 大きな原因の一つは、家である・・・・シックハウス症候群

1.シックハウスの原因となるもの は 新築の家だけではない
   * 家・職場・幼稚園・保育園・学校・すべての建物。
     合板・壁紙・接着剤・畳・消毒剤・防腐剤・防虫剤・殺虫剤
   * 生活用品
     家具・じゅうたん・カーテン・合成洗剤各種・電気製品・ビニール類・
     殺虫剤・防臭剤・芳香剤・化粧     品・香水・印刷物・ワックス・
     じゅうたん(接着)・印刷物・教材・食品添加物・パソコン・除草剤・
     ガーデニング、、、
   ・・・手をかけずに済む、便利で効率的な生活用品のほとんど

2.シックハウス以外の原因
   * 排気ガス・農薬(田畑・樹木・公園・除草剤)・ごみ処理・田畑焼き・
   * 近隣の新築・増築による化学物質暴露
   * 近隣のガソリンスタンドの洗車機からの合成洗剤が粉末になって襲ってきた

  ― 現代に生きる人は、化学物質の海の中で泳いでいるといえる ―

   ※ 借家住まいを繰り返す(転勤・大学入学・結婚等で)人に多い。
   ※ 隣家の改装工事で発症の例も多い。

3.それらの化学物質が人にどのような影響を及ぼすのか?
     ≪急性症状から化学物質過敏症へ≫
   化学物質は体内に取り込まれると、排泄されずに、体内に化学物質の“影響”が蓄積する。
   溜めていられる量には個人差がある。その人の許容量を超えたときにさまざまな症状が現れる

4.どんな症状が出るの?  別紙資料を参照

2) なぜ今、化学物質が問題視されるのか?
  ①人間が一生涯で摂取するものは、83%が空気である。
   化学物質を体内に取り込む経緯は、食べ物からは、全体の一割に満たない。
   空気から取り込む量は87%。≪図1参照≫。(これも図を取り込めないので失礼)
   取り込まれたら肺から血液に入り全身に回る。
   食事内に潜む菌などの異物は、腸の粘膜から吸収された後に肝臓を通ることで、
   ある程度は解毒されますが、空気の中に存在している化学物質などは、
   鼻腔粘膜や肺の粘膜から直接、血液や体液に溶け込み簡単に体内へ侵入してしまう。

  ②化学物質を世に送り出す際、中毒など大量に暴露した場合の実験は行われるが、
   少量に長期間暴露した場合の実験は行われていない。
    (化学物質は少量であれば安全と考えられていた)
  ③現実に、患者が存在している。
  ④爆発的に化学物質の種類が増えた。
  ⑤脳へ影響を与えるとの報告が出始めた。
 
    大人の発症者は7~10人に1人、幼児は3人に1人と言われる。

 3) 子どもたちの問題行動の仕組み
     (ふくずみアレルギー科院長 吹角先生による図ですが、技術不足で図にできずすみません)
    
  化学物質→アトピー性皮膚炎・湿疹アレルギー性鼻炎・気管支炎
  化学物質→頭痛・眼症状・吐き気・のど症状・腹痛・視力低下・全身けん怠感・せき・筋肉痛・関節痛・動悸
      ⇓
 《昂揚》
いらいら
怒りっぽい
切れ易い
落ち着きがない
育てにくい
ADHD
 ➔いじめ(体罰)

 《知的能力低下》
記憶力低下
思考力低下
集中力低下
持久力低下
学力低下
 ➔学級崩壊

 《低下》
だるい
やる気が無い
疲れ易い
不眠
うつ
 ➔不登校・ひきこもり・自殺
<ふくずみアレルギー科院長 吹角先生による図>


マニュアルについて・・・つづく
意見交換会も次回に続く








スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

絶食療法の科学

シグナルキャッチさん ご無沙汰しています。

今の話題にはマッチしませんが、

NHKBSのドキュメンタリーで絶食について興味深い番組がありました。オンラインでも見れますし、再放送があるかもしれません。

絶食療法の科学
http://www.nhk.or.jp/wdoc/backnumber/detail/120425.html

ロシアとドイツで行われている絶食療法です。ロシアは精神科医が患者の治療から偶然発見したもの。ドイツはリュウマチ熱の元軍医が自分の治療から発展させたものでした。精神疾患やリュウマチ、喘息、心臓疾患などに効果的でした。でも残念ながら食物アレルギーの概念が認識されていません。

喘息の臨床では絶食を12日間すると肥満細胞にたっぷり溜っていたヒスタミンが消えていました。また絶食をするとガンの化学療法の抗ガン剤に耐える体質になるようです。マウスでも人間でも実証されていました。

絶食中とそうでないときの心臓・肝臓・筋肉へのRNAメッセンジャーの発現量を測定すると明らかな変化が起きていました。またガン細胞は異なった発現をしていました。絶食で変化する代謝の変化はガン細胞には不向きで正常な細胞には好適合のようです。

参考:マーシャル・マンデル「絶食」
http://www.21sense.com/danjiki.pdf

テラコロジーさんへ

いつも情報をありがとうございます。
読んでみます。

番組が見られます

上で紹介しましたフランスのドキュメント「絶食療法の科学」がある映像サイトにアップされていました。最初宣伝がでますので辛抱して見て下さい。

http://veohdownload.blog37.fc2.com/blog-entry-14167.html
プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。