--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-10-28(Sun)

新栄小学校で児童がペンキ塗りをして・・・のニュース

10月10日に行った講演会「環境化学物質が子どもの脳に与える影響」
には、佐賀市教育委員会に再々足を運び、参加料は結構ですので
ぜひご参加くださいとお願いをしてきました。
学事課の課長はじめ毎回顔を揃えられる3人の方々は
「いえちゃんと参加料は払って行きます」
とお返事を頂いたにもかかわらず、ご参加いただけませんでした。



講演会の次の日、朝日新聞とサガテレビで
「新校舎わくわくペンキ塗り 佐賀の新栄小、まもなく完成」と
楽しそうにペンキの感を手に持ち大きな刷毛を持って塗料を塗っている姿が
載っていました。

ふた昔前は掃除の時間にワックスを子どもたちが素手で塗り、
ペンキを親子で塗って、学校運営に喜んで参加したものでしたが、
シックスクールが問題になり、その大きな危険な物質が
ワックスでありペンキであると、せめて学校では周知されたものと思っていました。

有害化学物質が子どもたちの脳に与える影響を学術的に話していただいた
内容を、やっぱり教育委員会に知って欲しかったととても残念に思いました。


私たちは急いで佐賀市に以下の内容で提言書を出しました。

『今日テレビで新栄小学校の子どもたちが新校舎にペンキを塗っている様子が
放映されました。
もう数年前から学校でのペンキ塗りを子どもたちにさせないで欲しいとお願いしてきました。
それ以前の問題でシックスクールのハードの問題でも、ペンキ塗りをするときは
子どもたちがいない時間帯ということは常識のはずです。

もしそのペンキ塗りが「有機溶剤系塗料ではないから、F4だから」という理由でしたら
それらは『絶対安全』というわけではありません。
有害化学物質の一つであることを再認識していただければと思います。

【 シックスクール=学校での暴露量を考える】という観点から、
塗料成分が揮発する「塗る」という作業に子供たちを関わらせるのは避けて欲しいと
要求します。』


回答を待ちます。





スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。