FC2ブログ
2007-07-18(Wed)

シックハウスは精神障害者を作る

シグナルキャッチの会報14号に書いた記事について
「CSの後遺症としての精神障害について詳しく教えて」
とのFAXをいただきました。

その方は、家の新築により重い化学物質過敏症になり、
会員となって、多くの情報交換をしている仲間です。

その方の子どもさんたちが、当時不登校になり、
そのうちの1人は「統合失調症」の診断を受けたそうです。
不登校の後、ペンキ屋さんでバイトをして、
ひどくなったということです。
精神障害の家族会に行っても、何だか違うと感じていたが
やっとはっきり解ったとおっしゃいます。

また、昨年の相談者の中で、
ハウスメーカーの家を新築してから、
子どもさんが大学にいけなくなった、
病院で統合失調症と診断されたが、
医師も「なんだか少し違うといわれた」と言われました。
その相談者であるお母さんも、家で寝る場所がなく、
今は台所で寝ていると言われます。
シックハウスです。

シックハウスが精神障害を作る。
そしてそれを大人達は知らない。
ここに大きな問題があります。

以下はその質問に対する回答です。

お尋ねの若い人のCSと精神障害の問題ですが、
今回東京で行なわれた
「脳の発達と化学物質」
「有機リン問題の最前線」でも分かるように、
そして何十年間も有機リン問題を提唱し続けてこられた医師が、
CSの後遺症として精神障害があるということを、
身を持って体験しています。

若い人だけではないかもしれません。
ただ、私が若い人と限定したのは、
・ 学校にいけない
・ 社会生活ができない(仕事に就けない)
・ 犯罪に繋がる
など、今から社会を形成する人たちの心に
“大きな障害を持たせている”ということを懸念しているからです。

不登校が精神的な要素だけを問題化され、
「学校内にカウンセラーを配置」など聞くと、
そのカウンセラーは
子どもたちの問題行動に空気環境が子どもの脳を冒していることを
知っているのだろうか?と大変不安になります。
不登校の子ども達に、
いじめか?
家庭環境か?
先生に問題か?
成績?
進学?
と心の問題を解いてあげようなんて、私からすると
“ほんの一因だけじゃん”という気持なのです。

そういう問題もあるかもしれません。
しかし、化学物質によって、身体の調節障害が起こっていて、
朝起きられない、朝思うように動けない、
朝学校に行きたいと思うのだけど気力が沸かない、
など体内で起きている原因を見ようとせず、
精神面で行動を変えようとすると、
さらにその人を追い詰めると危惧します。

これは我が家の二人の子どもの経験から、
理解できた事ですが、
もちろん不登校のはじめの頃は何故学校にいけないのか、
何があったのか分からず、
この子が学校にいけなくなったのは何だろうと、
私も苦しみました。
学校に行かなかったらこの先どうなるだろうと
怖かった経験もしました。

子どものさぼりと捉えられず、
原因を追求するうちに、
ハウスメーカーで建てた家が原因、
シックハウスが原因と知ったのです。
もう10年も前の話になります。

シックハウスで化学物質過敏症になり、
不登校のはてにひきこもりをしている若者も私の周りに
たくさんいます。
そして日本中に。

ひきこもりの若い人たちを何とか外に出そうとする団体や行政。
しかしその人たちがなぜひきこもるのかを、
人間関係が苦手、働く自信がない、など
その人の性格に起因させていることが多く見受けられます。

長年、化学物質によって脳の伝達物質が阻害され、
【人間関係の拒絶】【働く気力を失う】【自分を否定】
などの精神障害が起こっているのに、
「大丈夫だよ、君は素晴らしい人間だ、
たった一人のかけがえの無い存在だ」と
精神論で動かそうとし、はじめは気力を振り絞って動くのですが
長続きしない、長続きしない自分をいよいよ否定する、
これを繰り返すうち、
自殺や人への暴力、家族間の悲しい結末を引き起こしていることに、
多くの人たちは知らないと思うのです。

私の周りでは、家庭内暴力、リストカット、OD、
うつ、転職を繰り返し、またはひきこもり、
ほんとに社会で楽しく夢をもって生きられない若者がいっぱいです。

親近感を得て私のところにきます。
私はずいぶん前から化学物質過敏症だと感じていました。
ただその人たちがその病気を知らないので、
精神科に行き、いろんな精神病名をつけられるのです。
そしたら、最近学者の方、医者から、
脳に及ぼす影響が発表されだしました。

具体的にたくさん発表したいことがあります。

しかし、事が精神障害と言う言葉を使うとなると、
この子たちの将来にどう影響を及ぼすか不安です。
この資料でも書いてあるように、
化学物質でおこった精神障害は治ると自信がありますが、
社会が認識していない今、
ひきあいにだして話すことが躊躇されます。

強い苦しみや、悩みでうつになるのではなく、
脳の伝達物質が阻害されるから、
またはメラトニンが化学物質によって放出され、
枯渇してうつになる、など社会が早く知って、
若い人たちを救いたいと思うのです。

鹿児島


スポンサーサイト



trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

カウンセラーカウンセラー(Counselor/Counsellor)とは、何らかの問題を抱えている人から相談を受け、それに適切な援助を与える人の事。日本では心理カウンセラーを指す場合が多いが、相談にのるテーマにより、その職種は多様である。職種により正規の資格が必要なものとそ

シックハウスは精神障害者を作る

シックハウスは精神障害者を作る シグナルキャッチの会報14号に書いた記事について 「CSの後遺症としての精神障害について詳しく教えて」 とのFAXをいただきました。 その方は、家の新築により重い化学物質過敏症になり、 会員となって、多くの情報交換をしている仲間で...

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

はじめまして。本当にそのとおりだと思います。

たいていの精神科医やカウンセラーは、現在表に出ている症状しかみていないため、その症状を引き起こしている本当の原因を見つけることができません。

食の影響や化学物質の影響を評価できず、ただひたすら薬漬けにし、新たな化学物質で子どもを汚染するという精神科医があまりにも多い現状に危惧しています。

「うつ」「統合失調症」などと安易にレッテルを貼り、薬物治療を始める前に、化学物質の影響などを評価する診断システムが必要だと思います。

ご意見ありがとうございます。
診断システムの確立にむけて、国にも働きかけます。

そして多くの若い人たちが自分を責めなくてもすむよう、
この情報を、ばら撒きたいです。

お力を貸してください。

ブログ紹介ありがとうございます!

昼夜逆転生活の娘・・・
このままでいけないと思いながらもその先の一歩を踏み出せない娘・・・
そういえば色々な変化は家を新築した時から起こり始めたような気もします???????

確かに、子ども達の逸脱行動を精神面だけから捉えようとすると、ますます本人を追いつめてしまうことのなるのかもしれません。

しかし環境問題から考え始めると、住居も空気も水もすべてが汚染されている今の社会で、何から手をつければいいのかと、ただただ頭を抱え込んでしまいそうです・・・
希望的観測ができにくいのは、たくさんのプラスの情報を知らないからなのでしょうね・・・?
すこずつ啓発してください。
プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数: