--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-03(Tue)

佐賀県のお濠周辺の薬剤散布について

この記事は少し前(4月)のものですが、【病害虫の発生が少なく薬剤散布はしていない】とうれしい回答でしたので、お知らせします。

病害虫の発生状況によって、散布する、しない、の判断がされるようになると、社会の空気は変わってきますね。


赤松小学校の北に広がるお濠周辺は、県の佐賀城公園となっています。
 管理を行っている佐賀土木事務所では、平成19年1月31日付け『住宅地等における農薬の使用について』の通知にもとづき、下記のとおり当公園における樹木管理を行っています。

○ 樹木害虫防除取組の概要
 ・ 樹木害虫防除は、捕殺防除を基本とする。
 ・ やむをえず薬剤散布を実施する条件は、以下のとおりとする。
  1. 巣網などの群生箇所が高所にあるか又は、作業の足場が悪いなど捕殺防除が困難な場合。
  2. 幼虫が巣網から拡散し、捕殺防除では駆除効果が得られない場合。
  3. チャドクガやイラガのように近くに寄っただけでかぶれ、吐き気をおこす害虫が発生した場合。

 ※ やむをえず薬剤散布防除を実施する場合の留意点
  1. 農薬は原則使用せず、セルコートアグリ(注)を使用する。
  2. 住民への周知徹底(公園周辺の自治会長へ説明し、回覧板等で事前周知を行う。併せて、小・中学校へも説明を行う)。
  3. 化学物質過敏症等の人への配慮(既に確認できている方へは事前に連絡し自ら被害回避などの対応をお願いする)。
  4. 薬剤散布による健康被害者の対応(症状などを確認した後、保健所衛生対策課と連携を図り、保健指導や医療機関受診のアドバイスを行うなど、相談者への迅速かつ適正な対応ができる体制の強化に努める)。

 なお、平成19年度は、病害虫の発生が少なく、薬剤は散布していません。 
平成20年度は、今のところ薬剤の散布予定はなく、病害虫が発生した場合に散布の必要性を検討することとしています(例年5月上旬には害虫発生が予想されます)。注)セルコートアグリの原材料は、医薬品に使われているセルローズのオブラートです。葉や枝の表面を薄いフィルムで包むので、病害虫に強くなります。

【まちづくり推進課 公園担当】
スポンサーサイト

trackback url


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

trackback

【化学物質過敏症】についてブログや通販での検索結果から見ると…

化学物質過敏症 をサーチエンジンで検索しマッシュアップした情報を集めてみると…

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

ありがとです。

あ…。
なんだかセンチメンタルジャーニー(懐)な気分になりました~。

とっても、ありがとうございます ですぅ~♪
プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。