--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-07(Sat)

明日は勉強会です

明日は、農薬による健康被害の勉強会を開催します。
内容は下記のレジュメです。

明日は、勉強会の前に、民主党衆議院議員大串博志さん、
勉強会が終わった時間に自民党衆議院議員が来られ、
スタッフと意見交換します。

当日は佐賀県難病支援センターの総会で、そちらに参加されるため、
シグナルキャッチの勉強会開催中は来られませんが、
勉強会当日、話し合いが出来ることは良かったと思います。

これらの問題について、議員として何をしてくれるのか、
また、昨年佐賀県難病支援センターの総会で、要望書を提出した際、
前で熱心に聞いてくださったお二人ですので、その後の経過を聞きたいと思います。

また、このブログを読まれた方で、
苦しい体験など、ご意見をお寄せください。


「有機リン問題を考える-被害者・市民の立場から」(東京にて)参加報告と
シグナルキャッチが受けた相談から見える被害者の実態


日時    2008年6月8日(日)勉強会 13:00~15:00 
場所    旧福田家(佐賀市)
  
Ⅰ.反農薬東京グループ代表辻万千子さんの発表                  

Ⅱ.農薬による健康被害

有機リン問題を考えるという講演内容に参加した方々は、農薬による被害者がほとんどだった。しかし、本当はそれらを守らないといけない農薬使用者、取り締まる人、行政ではないのか。
辻さんの講演をより深く理解し、問題点を明らかにするために、青山先生の発表で補足。

  1. 高濃度の有機リン農薬の空中散布

  2. 病院、デパート、電車などでも有機リン農薬が散布され、肺から体内に入る

  3. 一番敏感なのは妊娠6か月から生後1年の子供たち

  4. 床下のシロアリ消毒に有機リン剤が使用されてきた

  5. 学校で起こっていること

  6. 有機リンの神経毒性とは

  7. 有機リン系農薬の規制が緊急に必要


Ⅲ.シグナルキャッチへの相談から被害者の実態


Ⅳ.行政への要望


Ⅴ.九州各県の状況


Ⅵ.参加者意見交換  

スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

シグナルキャッチ

Author:シグナルキャッチ
皆さんに、シックハウス、シックスクール他の影響で起こる症状を知らせ、もっとひどい化学物質過敏症にならないように、社会全体の価値観を変えるための活動をしている団体です。

私たちシグナルキャッチは、多くの患者の実態を社会に
示しながら、今の社会を少しずつ見直すことを提案し、
子供たちが元気に育つ社会を目指しています。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
FC2カウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。